CRMヘルプ

Zoho電話連携の利用

通話の発信

電話の発信は見込み客、連絡先、取引先タブで可能です。Ringioを設定した場合、キーパッドの利用、ミュート、保留等の機能は利用できません。

発信するには

    1. [タブ]をクリックしてください。
    2. 一覧からデータをクリックしてください。
    3. In 各データの詳細ページで、電話番号の横に表示されている電話のアイコンをクリックしてください。
      通話が開始します。データの概要がポップアップで表示されます。

オプション

通話の通知

特定の日時に電話をかける必要がある場合、予定を通知できます。何か別の作業を行っているときメールを書いていたり、他の電話に出ていたりしていて数分後にかける必要があるとき後で通話について通知できます。

概要表示

対象のデータの概要が表示されます。

通話の詳細 次に行う活動

通話の詳細は、通話中、または、通話後に記入できます。入力した詳細は、活動タブの通話情報の欄の通話の詳細項目で自動的に更新されます。通話後に、次に行うべき活動の情報を入力し、担当者に割り当てられます。

通話の記録

通話の着信、発信は、完了後に自動で記録されます。

Avaya、Elastix、Asterixの場合

メモ

  • Zoho電話連携グループに属するユーザーが「接頭語なし」を選択した場合、発信する画面は発信前に表示されません。連絡先/見込み客の電話番号にすぐにダイヤルされます。
    発信する画面では、以下の内容が表示されます。
項目 詳細
内線番号

電話を発信するPBXの内線番号を表示します。

ユーザーが複数のZoho電話連携グループに所属する場合:

  • 一人のユーザーの内線番号を標準の内線番号として設定できます。Zoho電話連携のグループ内なら誰の内線番号でも構いません。
  • すべてての発信通話は、ここで設定された内線番号から発信されます。
  • この場合、内線番号欄には標準の内線番号のみ表示されます。
  • 標準の内線番号を設定していない場合、内線番号欄には選択リストが表示されます。その中から発信に使う内線番号を選択できます。
局番

発信番号の接頭語が表示されます。

  • ユーザー & 内線番号の欄の局番項目に選択した局番が表示されます。
  • 標準の局番を「なし」を選択した場合、項目にはPBX局番の選択リストが表示されます。電話を発信する前に、連絡先/見込み客の電話番号の前に付ける番号を選択できます。
  • 「接頭語なし」が選択されている場合、連絡先/見込み客の電話番号は詳細ページで設定されている番号にダイヤルされます。
PBXの種類 電話を発信するPBXの種類を表示します。
電話 連絡先または見込み客の電話番号を表示します。

通話の着信

通話の着信があった場合、発信者の情報がZoho CRMから取得され、概要が表示されます。

オプション

概要表示

対象のデータの概要が表示されます。発信者の情報がCRMに登録されていない場合、通話の完了後、該当の発信者を連絡先として登録することもできます。

通話の詳細 次に行う活動

通話の詳細は、通話中、または、通話後に記入できます。入力した詳細は、活動タブの通話情報の欄の通話の詳細項目で自動的に更新されます。通話後に、次に行うべき活動の情報を入力し、担当者に割り当てられます。

通話の記録

すべての着信、発信の通話は、活動タブに自動で記録されます。

通話の履歴を表示するには

  1. 活動タブをクリックしてください。
  2. すべての通話の一覧を選択してください。
  3. 通話詳細を表示するデータをクリックしてください。

上へ