CRMヘルプ

Zoho プロジェクト連携

プロジェクトを成功に導くには、効率的な計画と作業の実施が重要です。通常、さまざまなプロジェクトが並行して行われ、複数の人が関わっています。効率的に計画・管理しないと、生産性が落ちます。Zoho プロジェクトはこのような課題の解決に役立ちます。マイルストーンやタスクの計画・管理が行え、担当者を設定でき、プロジェクトの管理に役立ちます。

CRMと連携させるとさらに便利です。Zoho CRMとZoho プロジェクトを連携させると、顧客情報とプロジェクト情報を連動させることができ、タスクをより効果的に管理し、意思決定をスムーズに行えるようになります。

例えば、営業担当者が受注後すぐにZoho CRMからプロジェクトを作成して顧客を招待し、進捗の確認や管理を行うことができます。特定の顧客に関して複数のプロジェクトが動いている場合も、全体の状況を簡単に把握できます。業務をより効率的に進めるのに役立ちます。

連携の設定後、Zoho CRMから顧客ごとにプロジェクト情報を確認できます。具体的には、次の機能を利用できます:

  • 新しいポータルの作成と既存のポータルの関連付け
  • ポータルへのプロジェクトの追加
  • クライアントと取引先の関連付け
  • 取引先、連絡先、商談タブのデータに関連するプロジェクトの作成や関連付け
  • 通話後のプロジェクトの詳細への関連付け
  • プロジェクト管理に関するさまざまな活動をZoho CRMから実施できます。

利用条件

必要な権限:この機能を利用するには、Zoho プロジェクトで有効なアカウントが必要です。

特長

  • 社内の担当者と社外の顧客の間の情報共有や共通認識づくりに役立ちます
  • 一カ所でクライアントに関連するプロジェクトの活動を確認できます
  • プロジェクトの進捗状況を把握できます
  • クライアントと取引先を自動で関連付けられます
  • プロジェクトの詳細情報を確認できます

関連情報

上へ