CRMヘルプ

Zoho プロジェクト連携

利用方法

Zoho プロジェクト連携の有効化

連携を有効にするには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > Zoho プロジェクトをクリックしてください。
  3. Zoho プロジェクト連携 のページで、 はじめにをクリックしてください。
    無料プランの場合、15日間この機能を試用できます。

CRMでのZoho プロジェクト連携の設定は次の2つの手順で行います。

  • ポータルの設定
  • クライアントと取引先の関連付け

ポータルの設定

この手順では以下の2つの作業を行います:

  1. Zoho プロジェクトのポータル - ポータルは、すべてのプロジェクトにアクセスし、プロジェクトを管理する場所です。この連携では、Zoho プロジェクトのポータルのいずれか1つを設定できます。連携すると、選択したポータルに関連するすべてのプロジェクトがZoho CRMに関連付けられ、Zoho CRMから管理できるようになります。ポータルの設定に関しては3つのパターンがあります。
    • 自分のポータルを設定する
    • 他のユーザーのポータルを設定する
    • 新しくポータルを作成する
  2. Zoho CRMのユーザーの権限 - Zoho CRMでの権限に応じてプロジェクトの権限を設定する必要があります。権限を設定すると、設定した権限に該当するCRMのすべてのユーザーがZoho プロジェクトに登録されます。Zoho プロジェクトに登録されたZoho CRMのユーザーは、初期設定では「社員」として登録されます。連携の前にすでにZoho プロジェクトにZoho CRMのユーザーが登録されている場合、役職はそのままで変更されません。

ケース1:自分のポータルを設定する

自分のポータルを設定するには

  1. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > Zoho プロジェクトをクリックしてください。
  2. Zoho プロジェクト連携のページに、ポータルの選択項目が表示されます。
  3. 一覧から対象のポータルを選択してください。

ケース2:他のユーザーのポータルを設定する

他のユーザーのポータルを設定するには

  1. 他のユーザーのポータルを設定のリンクをクリックしてください。
  2. ポータルのZSCキーキーを作成したメールアドレスを入力してください。
    ZSCキーとは、Zohoサービスコミュニケーション(Zoho Services Communication)キーの略です。
  3. 一覧からポータルを選択してください。
    入力したメールアドレスに対応するポータルが表示されます。

Zoho プロジェクトのZSCキーを作成するには

  1. 管理者権限を持つユーザーでZoho プロジェクトにサインインしてください。
  2. 設定> 設定> 拡張機能&API > 開発者情報 > Zohoサービスコミュニケーション(ZSC)キーをクリックしてください。
    ZSCキーとそれに関連するメールアドレスが表示されます。
  3. これらの情報をコピーし、Zoho CRMとZoho プロジェクトの連携の設定時に使用してください。

ケース3:新しくポータルを作成する

ポータルをまだ作成していない場合、Zoho CRMから新しく作成できます。

  1. ポータルの設定の欄で、新しいポータルの作成をクリックしてください。
  2. ポータル名を入力してください
  3. 作成をクリックしてください。
  4. 一覧からポータルを選択し、保存をクリックしてください。

    ポータルが作成され、Zoho CRMと連携します。

Zoho CRMのユーザーの権限の設定

権限の設定を行うには

  1. CRMのユーザーに設定するタブの表示作成編集削除の権限それぞれにチェックを入れてください。
  2. 保存をクリックしてください。
    後で権限を変更したい場合、設定の編集のリンクから可能です。

クライアントと取引先の関連付け:

連携の際に、クライアントと取引先の関連付けが可能です。この手順で、Zoho CRMの取引先とZoho プロジェクトのクライアントを関連付けられます。関連付けを行うと、クライアントに関連するプロジェクトがZoho CRMの該当する連絡先に関連付けられ、情報を確認する手間を省けます。

取引先とプロジェクトのクライアントの関連付けを自動で行いたい場合、はい、一致するデータを関連付けますを選択してください。 データが関連付けられ、関連付けられなかったデータについては理由が記載されたメールが管理者に送信されます。

この機能を利用せずに後で手動で関連付けを行う場合、いいえ、スキップしますをクリックしてください。

メモ:

  • クライアントと取引先の関連付けは一度のみの処理です。この手順をスキップすると、クライアントと取引先の関連付けをもう一度自動で行うことはできません(プロジェクトのポータルの関連付けを一度無効にしてから再度Zoho CRMと関連付けた場合は可能です)。
  • クライアントと取引先の関連付けの処理には、Zoho プロジェクトのクライアントユーザーとZoho CRMの連絡先の関連付けが含まれます。この関連付けは裏側で処理され、連携の際にユーザーには表示されません。ただし、関連付けを終えると、Zoho プロジェクトのプロジェクトのクライアントユーザーはZoho CRMの連絡先となり、該当のプロジェクトが関連付けられます。

ユーザーと権限の管理

CRMのユーザーに設定した権限はいつでも変更できます。

権限を変更するには

  1. 管理者権限をもつアカウントでZoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > Zoho プロジェクトをクリックしてください。
  3. Zoho プロジェクト連携 のページで、 設定の編集をクリックしてください。
  4. ポータルのユーザーに対して設定する、タブの表示作成編集削除の権限それぞれにチェックを入れてください。
  5. 保存をクリックしてください。

Zoho プロジェクトのZSCキーの利用

以下の場合、Zoho プロジェクトのZSCキーを更新する必要があります。

  1. Zoho プロジェクトのポータルの所有者を変更する場合
  2. セキュリティ上の理由により、Zoho プロジェクトのZSCキーを再作成した場合

いずれの場合もZSCキーを更新しなかった場合、Zoho CRMとZoho プロジェクトの連携は動作しなくなります。該当のタブのデータの詳細ページのZoho プロジェクトの関連リストの欄に以下のメッセージが表示されます。

この場合、Zoho CRMのZSCキーを更新する必要があります。

Zoho プロジェクトのZSCキーを更新するには

  1. 設定 >Apps&オプション > Zoho サービス > Zoho プロジェクトをクリックしてください。
  2. Zoho プロジェクト連携のページで、ZSCキー と、ZSCキーに関連付けられたメールアドレスを入力してください。
  3. 保存をクリックしてください。
    連携が更新され、Zoho CRMで継続してプロジェクトの情報を利用できます。

Zoho プロジェクト連携の無効化

Zoho CRMの管理者は、CRMのアカウントからZoho プロジェクトを無効にできます。無効にすると:

  • Zoho CRMからプロジェクトのタブが削除されます。
  • Zoho CRMに追加したすべてのポータルとプロジェクトにおいて、Zoho CRMとの関連付けが解除されます。ユーザーは、Zoho プロジェクトからプロジェクトにアクセスし続けることができます。
  • 管理者権限をもつユーザーは、ポータルを無効化できます。また、該当のポータルを無効にして他のポータルを関連付けることもできます。

Zoho プロジェクト連携を無効にするには

  1. 管理者権限を持つアカウントでZoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > Zoho プロジェクトとクリックしてください。
  3. Zoho プロジェクトのページで、Zoho プロジェクトの無効化をクリックしてください。

関連情報

概要 | 利用例 | Zoho プロジェクトの役割と権限の概要

上へ