CRMヘルプ

Zoho セールスIQによる訪問者の追跡

素晴らしいWebサイトとたくさんの訪問者(トラフィック)があっても、それだけでは売上にはつながりません。大事なことは:訪問者がWebサイト上でどのような行動をとり、どのようなページをよく閲覧し、どのようなことに興味を持っているかを把握することです。

  • もし、10%以上の訪問者が料金ページにより長く滞在している場合、それらの訪問者に対して働きかけることが有効です。
  • もし、Webサイトからの登録者が少ない場合、何か修正する必要があるでしょう。
  • もし、何度も訪問しているのにまだ購入していない人がいる場合、積極的にこちらから連絡することで受注につながるかもしれません。

このように、Webサイト上の訪問者の行動を把握することは営業活動に役立ちます。訪問者に対して、チャットで手助けや質問を呼びかけることもできます。さらに、訪問者の情報を詳細に確認することで、より効果的にコミュニケーションできます。既存のお客様の場合、これまでの購入履歴を確認することで要望に合った対応がとりやすくなります。見込み客の場合、どのような商品に興味・関心を持っているかを把握しておけば、事前に説明の準備ができます。

Zoho CRMとZoho セールスIQ(訪問者の追跡)を連携させると、Webサイトの訪問者の詳細チャット顧客情報を組み合わせて確認できるようになります。この連携により、訪問者の顧客属性を確認したりWebサイトの訪問者とチャットをしてその情報をZoho CRMに保存したりできます。



例えば、鈴木さんという人が料金ページを長い時間開いてているとします。営業担当者がチャットで呼びかけて何か不明点がないかどうかをすぐに確認できます。鈴木さんがチャットに気づき、料金の詳細について質問したとします。その後やりとりできますが、それで終わりではありません。やりとりが終わった後、鈴木さんをZoho CRMの見込み客として登録し、訪問の詳細情報やチャットの履歴を参照用に保存しておくことができます。それらの情報を確認することで鈴木さんのニーズをより適格に把握でき、より効果的な提案につなげることができます。

利用条件

必要な権限:Zoho セールスIQの有料プランが必要です。管理者がこの機能を設定できます。

特長

  • 見込み客の興味や関心を事前に把握できます。
  • チャットでよりスピーディに効果的にコミュニケーションをとれます。
  • 顧客や見込み客がWebサイトを訪問した際に通知を受け取れます。

Zoho セールスIQ連携の概要

Webサイトへの訪問者の情報をCRMのデータベースに記録し、様々な情報と組み合わせて確認できます。また、チャット機能により、訪問者とその場ですぐにやりとりができます。以下は、連携の設定に関する詳細情報です。

  • Zoho セールスIQ連携の設定 - 連携の最初の手順です。Zoho セールスIQをすでに利用している場合、すでにWebサイトに追跡用のコードを組み込んでいるかもしれません。この場合、訪問者の追跡を有効にするだけで、Zoho CRMの顧客情報と訪問情報の関連付けを開始できます。Zoho セールスIQをまだ利用していない場合、連携を有効にして詳細情報を入力する必要があります。
  • セールスIQ連携のコードのWebサイトへの組み込み - 訪問者や訪問者が行った操作の情報を追跡するには、Zoho セールスIQのコードをWebサイトに組み込む必要があります。収集されたデータが、見込み客や連絡先に関連付けられます。
  • 訪問タブ - Zoho CRMで訪問という名前のタブが表示され、訪問者や訪問の情報を確認できます。IPアドレス、訪問者、滞在時間、チャット、行った操作等の情報が記録されます。これらの訪問の詳細を確認するには、訪問タブへのアクセス権限が必要です。
  • Zoho CRMでの通知 - Webサイトで訪問が発生した際に通知を受け取れます。必要に応じて、管理者はこの通知を無効にできます。Webサイトにたくさんの訪問が発生する場合、すべての訪問に関する通知を管理するのは現実的ではありません。この場合、ルールを設定して必要な情報だけを通知できます。ルールで設定した内容にもとづき、ルールに合致する訪問情報のみが通知されます。
    訪問者は4つのカテゴリーに分類されます。訪問者は、名前とメールアドレスにもとづいて分類されます。
    • 顧客 - 商談を過去に受注した連絡先です。
    • 商談が進行中の顧客 - 未完了の商談がある連絡先です。
    • 見込み客/連絡先 - 受注/未完了の商談が関連づいていない連絡先や見込み客です。
    • 不明の訪問者 - CRMに関連する情報がない訪問者です。
  • 見込み客/連絡先タブの新しい項目 - 見込み客/連絡先タブに新しい項目が追加されます。見込み客や連絡先の訪問に関する情報が、これらの項目に保存されます。項目の内容:訪問日数チャット数平均滞在時間(分)最後の訪問日時最初の訪問日時最初の訪問URL参照元、訪問スコア
  • 関連リスト(訪問 - Zoho セールスIQ) - 見込み客と連絡先に新しい関連リストが追加されます。IPアドレス、訪問ページ、滞在時間(分)、参照元、検索エンジン等の情報が関連リストに表示されます。
  • チャットの履歴の添付 - チャットが行われた場合、見込み客や連絡先に履歴が添付されます。

関連情報

上へ