CRMヘルプ

Zoho サポート連携

Zoho サポート連携を利用すると、Zoho CRMで顧客からの問い合わせを管理できます。この連携により、営業担当やマーケティング担当のユーザーがCRMの見込み客、連絡先、取引先の問い合わせを確認できます。

利用条件

必要な権限:Zohoサポート連携の権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

管理者の機能

Zoho サポート連携を利用するには、まずZoho サポートのZSCキーを使用してポータルを設定する必要があります。

Zoho サポートを初めて利用する場合 Zoho サポートをすでに利用しているユーザー
Zoho サポートを初めて利用する場合、次の手順にしたがってください:
  • Zoho サポートに登録して、ポータルを作成してください
  • Zoho CRMでZSCキーとZSCキーに関連付けられたメールアドレスを入力してください
  • Zoho CRMにポータルを関連付けしてください
  • ポータルの設定を行ってください
  • Zoho サポート連携を有効にしてください
Zoho サポートのポータルの管理者の場合、次の手順にしたがってください:
  • Zoho サポートにサインインして、ZSCキーを作成してください
  • Zoho CRMでZSCキーとZSCキーに関連付けられたメールアドレスを入力してください
  • Zoho CRMに既存のポータルを関連付けしてください
  • ポータルの設定を行ってください
  • Zoho サポート連携を有効にしてください
Zoho サポートのポータルの管理者ではない場合、次の手順にしたがってください:
  • Zoho サポートのポータルの管理者からZSCキーを連絡してもらってください
  • Zoho CRMでZSCキーとZSCキーに関連付けられたメールアドレスを入力してください
  • Zoho CRMに既存のポータルを関連付けしてください
  • ポータルの設定を行ってください
  • Zoho サポート連携を有効にしてください

Zoho サポート連携の設定

Zoho サポートのポータルは、すべての問い合わせにアクセスでき、問い合わせを管理する場所です。注意:

メモ

  • Zoho CRMの管理者権限をもつユーザーがポータルの関連付けと、ポータルを設定できます。
  • Zoho CRMには、1つのポータルのみ関連付けできます。
  • ポータルを設定すると、選択したZoho CRMのユーザーが1つのグループとしてZoho サポートに追加されます。
  • Zoho サポート連携を使用しているユーザーを無効にすると、もう一度Zoho サポート連携を設定する必要があります。
  • ポータルを変更すると、Zoho CRMの見込み客、連絡先、取引先と問い合わせの関連付けが解除されます。 ただし、Zoho サポートでは引き続きデータを確認できます。
  • CRMに登録されていないユーザーのメールアドレスとZSCキーを利用することが可能です。

手順1 - ZSCキーの取得

  1. 管理者権限を持つアカウントでZoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > Zoho サポートをクリックしてください。
  3. Zoho サポートのページで、今すぐ購入をクリックしてください。


    • Zoho サポートを初めて利用する場合、次の手順にしたがってください
      • Zoho サポートに登録して、ポータルを作成してください
      • Zoho サポートのZSCキーを作成してください
    • Zoho サポートをすでに利用している場合、次の手順にしたがってください
      • Zoho サポートのZSCキーを作成してください
        または
      • Zoho サポートのポータルの管理者からZSCキーを連絡してもらってください

手順2 - Zoho サポート連携の設定

  1. Zoho サポートのページのZoho サポート連携の設定の欄で、次の手順にしたがってください:
    • Zoho サポートのZohoサービスコミュニケーション(ZSC)キーを入力してください。
    • ZSCキーに関連付けられたメールアドレスを入力してください。
    • 次へをクリックしてください。
    • 一覧からポータルを選択してください。
    • 一覧から言語を選択してください。
    • 一覧からタイムゾーンを選択してください。
  2. 保存をクリックしてください。

Zoho サポート連携の有効化

Zoho サポート連携を設定した後に、Zoho CRMのユーザーにこの機能を有効にする必要があります。

Zoho サポート連携の有効化

  1. 設定>設定 >セキュリティ管理> 権限をクリックしてください。
  2. 権限ページでユーザーの権限の編集をクリックしてください。
  3. アプリの権限Zoho サポート連携のチェックボックスにチェックを入れてください。
  4. 保存をクリックしてください。

Zoho サポート連携の無効化

Zoho CRMの管理者は、Zoho サポート連携を無効にできます。

メモ

  • ポータルを設定すると、選択したZoho CRMのユーザーが1つのグループとしてZoho サポートに追加されます。
  • Zoho サポート連携を使用しているユーザーを無効にすると、もう一度Zoho サポート連携を設定する必要があります。
  • ポータルを変更すると、Zoho CRMの見込み客、連絡先、取引先と問い合わせの関連付けが解除されます。ただし、Zoho サポートでは、引き続きデータを確認できます。
  • 管理者権限をもつユーザーは、ポータルを無効化できます。また、ポータルを変更して他のポータルを関連付けできます。

Zoho サポート連携の無効化

  1. 管理者権限をもつアカウントでZoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > Zoho サポートをクリックしてください。
  3. Zoho サポートのページで、Zoho サポートの無効化をクリックしてください。

一般ユーザーの機能

問い合わせの表示

Zoho サポート連携を設定すると、見込み客、連絡先、取引先タブで問い合わせのデータを確認できます。

問い合わせの表示

  • 見込み客連絡先、または、取引先タブをクリックして、データを選択してください。
  • 見込み客、連絡先、取引先の[データの詳細]ページで、Zoho サポートの関連リストに移動してください。
    データに関連するすべての問い合わせが一覧表示されます。

上へ