CRMヘルプ

Zoho サーベイ連携の設定

Zoho サーベイ連携の設定

Zoho CRMとZoho サーベイを連携させるには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > Zoho サーベイをクリックしてください。
  3. Zoho サーベイ連携 のページで、 今すぐ開始をクリックしてください。

以下の2つの設定方法があります。

  • 別のユーザーのZoho サーベイのアカウントを用いて設定する。
  • 自分のZoho サーベイのアカウントを用いて設定する。

他のユーザーのアカウントの設定

自分の組織のユーザーがZoho サーベイですでにアカウントを作成している場合、そのアカウントをZoho CRMとの連携で設定できます。その場合、該当のユーザーのアカウントで作成したZohoサービスコミュニケーションキー(ZSCキー)と該当のユーザーのメールアドレスが必要です。

Zoho サーベイのZSCキーを表示するには

  1. 管理者権限を持つユーザーでZoho サーベイにサインインしてください。
  2. 設定 > ZSCキーをクリックしてください
  3. ZSC キーと、関連付けられているメールアドレスが表示されます。
  4. コピーして、Zoho CRMとの連携の設定時に使用してください。

別のユーザーのZoho サーベイのアカウントをZoho CRMに設定するには

  1. 他のユーザーのアカウントを設定する」を選択してください。
  2. 該当のユーザーのZoho サーベイのアカウントのZSCキーメールアドレスを入力してください。
    ZSCキーとは、Zohoサービスコミュニケーション(Zoho Services Communication)キーの略です。
  3. このアカウントのすべてのアンケートを使用する場合、該当のチェックボックスにチェックを入れてください。
    希望しない場合はチェックボックスを選択しないようにし、使用するポータルを選択してください。
  4. 必要に応じて、管理者権限を持つすべてのユーザーをZoho サーベイに追加するように選択してください。
    注意:この欄にはZoho サーベイのアカウントに関連付けられているCRMのユーザーのみが表示されます。Zoho サーベイをまだ利用していないCRMのユーザーに関しては、Zoho サーベイのアカウントに登録されます。
  5. 送信をクリックしてください。

現在のアカウントの設定

現在のユーザーのアカウントを設定する場合、こちらの選択肢を選択してください。

  • Zoho サーベイのアカウントをすでに持っている場合、Zoho CRMですべてのポータルが自動で関連付けられます。Zoho CRMで使用するポータルを選択し、送信をクリックしてください。
  • Zoho サーベイのアカウントを持っていない場合、新しいアカウントが自動で作成されます。
  • 必要に応じて、管理者権限を持つすべてのユーザーをZoho サーベイに追加するように選択することも可能です。


    そうしない場合、チェックボックスを選択しないようにし、対象のユーザーを選択してください。選択したユーザーは、Zoho サーベイのユーザーとして自動で登録されます。

Zoho CRMでZoho サーベイ連携を有効にすると、Zoho CRMでアンケートを送信できるようになります。チャットのサポートも利用可能です(英語対応)。

Zoho サーベイ連携の無効化

Zoho サーベイ連携は、必要に応じていつでも無効にできます。連携を無効にしても、Zoho サーベイのポータルには影響しません。Zoho サーベイのアカウントではアンケートを作成し続けられます。無効にすると:

  • Zoho サーベイのセクションが、見込み客や連絡先の詳細ページからさ駆除されます。
  • アンケートのリンクの挿入のボタンが、メールのテンプレートの画面に表示されなくなります。
  • ただし、アンケート用のリンクを記載したメールのテンプレートは自動では削除されませんので、必要に応じて手動で削除する必要があります。アンケートのリンクは引き続き動作します。ただし、誰かが回答しても、連携を無効にした後の回答はZoho CRMには記録されません。

Zoho サーベイ連携を無効にするには

  1. 管理者権限を持つユーザーでZoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > Zoho > Zoho サーベイをクリックしてください。
  3. Zoho サーベイ連携 のページで、 無効化をクリックしてください。

上へ