専門知識は必要なし!

Zoho CRMには、プログラミングを必要とせず、直感的な操作でWebフォームを作成できます。必要な入力項目を選択し、ドラッグ&ドロップ操作で追加するだけで、Webフォームが完成。ファイルアップロード項目の追加、必須入力の設定、隠し項目の設定も可能です。認証用画像を追加し、スパム対策も実装できます。

手間いらず!自動で見込み客を登録

Zoho CRMはWebフォームを使用し、サイトからのお問い合わせをダイレクトにCRMへ登録できます。さらに、ラウンド・ロビンアルゴリズムを使用し、見込み客を自動で最適な営業を担当者としてアサインします。

その場でWebフォーム生成。どこでも組み込みOK

Zoho CRMのWebフォームは埋め込みかんたん!Googleサイト、ワードプレスなど、どんなサイト管理ツールでもコピーペースト操作だけでWebフォーム埋め込めます。

見込み客を瞬時に見抜く

一口に「Webサイトからの見込み客」といっても、さまざまなお客さまがいます。 検索キーワードやバナー広告などからサイトに到達したばかりの人がいる一方で、かなり具体的に製品に興味がある人なども。 一方で、採用希望者やいたずら登録をした人もいます。 Zoho CRMは見込み客を的確に識別し、優先度付け。さらに自動的に営業担当者へフォローアップタスクを割り当てます。