CRMとは?

CRMとは、カスタマー(お客さま)、リレーションシップ(関係性)、マネジメント(管理)の略です。 つまり、お客さまへのサービスを向上させるしくみがCRMなのです。 既存のお客さまはもちろん見込み客へ的確にアプローチをして、満足度を向上することは、ビジネスを健全にかつ長期的な視野で成長させる、重要な営業戦略です。

カスタマー(お客さま) お客さまは、気に入ったベンダから、双方で了承した金額を支払い、商品やサービスを購入する存在です。お客さまがさまざまな手段で商品やサービス、ベンダに関する情報を得る術を持っている現代においては、厳しい競争でも打ち勝てる自社ならではの付加価値を提供することが必要です。

リレーションシップ(関係性) ビジネスにおいては、人や会社との間で相互の取引がある状態をいいます。さまざまなチャネルを活用して、コミュニケーションを頻繁にし、お客さまのニーズを正しく深く理解することで、強固なビジネス関係を築くことができます。

マネジメント(管理)お客さまとのやりとりを管理します。お客さまとの関係づくりには、メールや電話、営業提案、サポートなど、企業対お客さまのやりとりのすべてが影響します。顧客視点に基づくプロセスや体制のしくみづくりが重要であり、担当者の感覚値ではない、お客さまの確かな行動に基づくデータを管理し、分析し、対応を改善することで、顧客満足度向上とともに将来の売上へとつなげられます。

Zoho CRMは、お客さまへのサービス向上から、売上につなげるしくみとして、SFA(営業支援)機能を備えています。お客さまを正確に区分し、的確で効率的な営業アプローチを実現させます。お客さまの満足と収益の両方を高めるしくみが、Zoho CRMなのです。