訪問者を管理する。

訪問者の地域分類。

位置情報は、Webサイトの訪問者への対応を差別化する上で重要です。見込み客の位置情報に基づいて適切なサービスや割引を提供することで、戦略的な対応が可能になります。訪問者数の多い地域をターゲットにして、見込み客を一番近くにある販路に誘導し、見込み客の使用する言語で挨拶し、マーケティングアクティビティを計画しましょう。

訪問者の足跡追跡。

Webサイト上での訪問者の操作をリアルタイムで監視し、コンテンツのURLやWebサイトのトラフィックを発生させている訪問者を特定できます。

訪問者がたどったパスを分析して、反応が多かったページと少なかったページを特定します。

チャットベースの活動。

積極的な反応を示した訪問者は、平均的な訪問者の5倍の確率で購入に至ります。訪問者がWebサイト上で特定のアクションを実行した場合に、「有望な見込み客」の通知をリアルタイムでエージェントに送信できます。

サイトの滞在時間やランディングページに基づくルールを事前に定義し、自動ライブチャットで積極的に対応しましょう。有望な見込み客が次回Webサイトにアクセスしたときには、その通知を受けることができます。

新規訪問者とリピート訪問者の認識。

Webサイトの訪問者のデータを有益な情報に変換して、その訪問者が再度アクセスした際に活用できます。

訪問者に合わせた対応を行えば、リピーターの満足度が向上します。名前、チャット履歴、前回のWebパスなどの情報を利用してリピーターへの対応を適切に組み立てることで、売上の増加につなげることができます。

チャットのカスタマイズ。

コールセンターに電話をかけて、好みの担当者を呼び出し、その日の最もお得な情報を教えてもらえるとしたら、どういう気分になりますか?

ライブチャットでは、まさにこのようなことが可能です。見込み客も満足するでしょう。リストに含めるエージェントを決定し、専門分野に関する簡単な説明を加えて、見込み客がチャット相手を選べるようにしましょう。

自動チャット翻訳。

Zoho セールスIQプラットフォームには、リアルタイムの自動翻訳機能が組み込まれています。

言語を問わずにメッセージを受け取り、見込み客の母国語で会話できます。より広範囲の見込み客に対応し、世界中のマーケットをカバーしましょう。

対話型メールキャンペーン。

一方的に送信するメールキャンペーンではなく、見込み客と対話できるキャンペーンを実施しましょう。

Zoho セールスIQの署名チャットへのリンクをメールの署名に追加することで、見込み客がメールから直接、営業担当者とチャットで会話を開始できます。