よくある質問

自動化とは?

自動化の機能は、営業活動を自動で進めやすくするのを手助けします。訪問者に関して自動で処理を実行し、Webサイトの訪問者にチャットの招待を自動で送信したり、訪問者を自動で割り当てたりできます。

自動実行条件のルールの活用方法は?

自動実行条件のルールを活用すれば、Webサイトの訪問者に関する処理を自動化できます。Webサイト訪問者にチャットの招待を送信する、チャットボタンを光らせる、お知らせとしてバナーを表示するなどの処理を設定できます。チャットのボタンをクリックしたWebサイト訪問者に自動で応答して対応スピードを向上させ、訪問者をサイトにつなぎとめられます。自動実行条件の様々な機能を活用すれば、訪問者に行う対応を自動化し対応を効率化できます。

Webサイトの訪問者に関する処理を自動で実行するためのコードを自分で作成することはできますか?

はい、自動実行条件->JSPAIの呼び出しを利用してください。Webサイトの訪問者に関する処理を自動で実行するためのルールを自分で設定できます。自分でコードを作成し、Webサイトに組み込んでください(JSAPI呼び出しを設定する際に、サンプルのコードが表示されます)。設定で処理の名前を入力してください。自動で処理を行う条件を設定し、対象のWebサイト訪問者に対応を開始するためのルールを設定できます。

指定したユーザーに訪問者を割り当てできますか?

はい、訪問者を特定のユーザーに割り当てられます。「訪問者の割り当て」から「選択したユーザーに割り当て」を選択してください。特定の種類の訪問者のみを割り当てるルールを選択できます。また、訪問者を割り当てるユーザーも選択できます。

訪問者の割り当て順とは?

ルールは上から下の順に確認され、訪問者に最初に当てはまった条件のルールが実行されます。

条件に当てはまらなかった残りの訪問者を他のユーザーに割り当てることはできますか?

はい、ルールの下に表示されている「残りの訪問者をすべてのユーザーに割り当て」を選択してください。どの条件にも当てはまらなかった訪問者を他のすべてのユーザーに割り当てます。

Webサイトの訪問者に対応中のユーザーのチャットを確認することはできますか?

はい、管理者やスーパーバイザーのユーザーが、担当者のユーザーと訪問者とのチャットを確認できます。確認したい会話の種類やユーザーを選択すると、条件に当てはまる場合に、ユーザーがWebサイトの訪問者とチャットしている内容を確認できるようになります。

チャットを確認できるユーザーは?

役職確認可能
管理者スーパーバイザーと担当者
スーパーバイザー担当者
担当者なし

チャットの確認に参加することはできますか?

管理者/スーパーバイザーは「このチャットに参加」ボタンをクリックすると、やりとり中のチャットに参加できます。担当者と一緒に訪問者とチャットできます。