セールスIQとGoogleチャットを連携する

Googleアカウントを使用してセールスIQに接続し、Gmailで訪問者とやりとりできます。GoogleアカウントがセールスIQに接続されていれば、セールスIQで対応できない時、Gnmailのチャットを通じて通知を受け取れます。顧客サポートの向上に役に立ちます。

GmailのアカウントとセールスIQの連携

GoogleのチャットとセールスIQを連携するには、以下の操作を行ってください:

  • プロフィールのタブを選択し、編集ボタンをクリックし、 XMPP/Google チャットの欄に移動してください。
  • GmailのアカウントとセールスIQを連携するには、 XMPP/Google チャットの欄にGmailのアカウント情報を入力してください。
  • 更新をクリックして変更を保存してください。

G SuiteのアカウントとセールスIQの連携

G Suiteのユーザーである場合、メールアドレスとセールスIQを連携する前に、セールスIQとドメインの連携のためにドメインのSRVレコード(DNSレコードの一部)を設定してください。

XMPP/Googleのチャットの欄にメールアドレスを入力し更新をクリックしてください。

ボットからGmailに5件の友人の申請が送信されます(セールスIQからGmailへのチャットの送信に利用します)。

Gmailのチャットで申請を受諾すると、セールスIQのお客様とやりとりできるようになります。

セールスIQのボットのステータスの確認

XMPP/Google チャットの欄で、ステータス、処理、ボットのメールアドレス、ボットの名前を確認できます。

ステータス:

  1. オンライン - 申請が受諾されてチャットの対応の準備が完了した後に表示されます
  2. 保留 - 申請が送信後にまだ受諾されておらず、チャットの対応準備ができていないときに表示されます
  3. 拒否 - 申請が拒否されたときに表示されます

処理:

  1. 無効 - ボットを無効にする
  2. 再招待 - ボットの招待の申請を再送する

すべてのチャットの申請を受諾するとと、Gmailのチャットの5つのボットすべてのステータスが表示されます。

Gmailでチャットに回答するには?

訪問者がチャットを開始すると、いずれかのボットを経由してメッセージを受信します。メッセージ欄に「Y」と入力し、Enterキーを押すとチャットを受諾できます。

チャットを受諾すると、接続した旨のステータスのメッセージと訪問者の詳細が表示されます。

ボットのステータスは、XMPP/Googleのチャットの欄で「オンライン」から「接続」に変わります。

訪問者の情報

チャットのページと連絡先の詳細欄に訪問者の情報を表示することもできます。

訪問者とやりとりをしている間に、チャットのページでボット名の下に訪問者名を表示できます。

チャットのウィンドウ

一度に5人の訪問者と会話でき、それを超えたチャットについては、これらのいずれかのボットが対応可能になったときに転送されます。

チャットの終了

チャットを終了するには、メッセージの入力欄に#eと入力してEnterキーを押してください。

メモ:

Gmailのチャットのウィンドウでチャットのコマンドを使用すると、GmailのチャットからZoho セールスIQにアクセスできます。

例えば、Gmailのチャットからの無効なIPアドレスを拒否したい場合、メッセージ入力欄に#bを入力し、Enterを押してください。IPアドレスがブロックされ、ブロックされたIPアドレスはセールスIQのIPアドレスの欄で表示されます。