概要

チャットを通してリアルタイムで顧客をサポートでき、顧客満足度を向上できます。

Zoho セールスIQとZoho CRMを連携して、顧客データを一元管理しましょう。既存のCRMにZoho セールスIQを追加して、顧客サポートを強化できます。

顧客データベースとチャットを組み合わせて利用することが可能です。

目次上へ

Zoho セールスIQのアカウントとZoho CRMのアカウントを連携する

Zoho セールスIQとCRMを連携させると、顧客情報を有効活用しながら顧客をサポートできます。

Zoho CRMの管理者がZoho セールスIQの管理者でもある場合、連携がスムーズです。

CRMのアカウントの管理者としてCRMアカウントとZoho セールスIQアカウントを連携する

  • 「Zoho セールスIQ」にサインインしてください。
  • 「設定」をクリックしてください。
  • 連携の欄で、「CRM連携を有効にする」ボタンをクリックしてください。Zoho CRMのZSCキーが作成され、Zoho セールスIQがCRMのアカウントに関連付けられます。

管理者情報を用いて、Zoho セールスIQのアカウントとZoho CRMのアカウントが正常に連携します。Zoho CRM管理者が「自分」と表示され、Zoho CRMのZSCキーが下に表示されます。

CRMの管理者以外のユーザーでアカウントを連携する

Zoho セールスIQと連携する際、CRMのアカウントの管理者でない場合は、管理者のメールアドレスと管理者のアカウントのCRMのZSCキーが必要です。

CRMの管理者がZSCキーを作成する方法については、以下の手順にしたがってください。

ZSCキーを作成するには?

  • 対象のZoho CRMアカウントで、画面右上にあるメニューの「設定」をクリックしてください。
  • 「開発者」の欄で、「Zohoサービスコミュニケーション(ZSC)キー」をクリックしてください。
  • ZSCキーの欄で、緑色の「今すぐ作成」ボタンをクリックしてください。
  • 管理者のメールアドレスとZSCキーの情報が表示されます。このCRMのアカウントとZoho セールスIQのアカウントを連携する際、両方の情報を入力してください。

メモ:管理者がすでにZSCキーを作成していた場合は、同じ場所で既存のキーを確認できます。

CRMの管理者以外のユーザーでZoho セールスIQを連携する

あなたがZoho CRMの管理者でない場合、Zoho セールスIQで「CRM連携を有効にする」ボタンをクリックすると、次のようなメッセージが表示されます。「Zoho セールスIQで、現在のメールアドレスをZoho CRMの管理者として認識できませんでした。連携の設定を完了するには、Zoho CRMの管理者に連絡してください。Zoho CRMのアカウントに未登録の場合、登録してください。」

  • また、該当のCRMのアカウントの管理者の「メールアドレス」の入力欄と、Zoho セールスIQを連携するアカウントの「ZSCキー」の入力欄の2つの欄が表示されます。
  • 作成されたCRM管理者のメールアドレスとZSCキーを使用して項目を更新してください。
  • 情報を入力したCRMのアカウントとZoho セールスIQを連携するには、「有効にする」をクリックしてください。

システムで設定された連携用のCRMのアカウントを変更する

  • 「設定」をクリックしてください。
  • 連携の欄で、Zoho CRMの管理者のの欄の「変更」をクリックしてください。
  • 表示されるCRMの管理者の欄であなたのメールアドレスを追加するには、Zoho CRMの管理者のメールアドレスの項目を編集してください。
  • CRMアカウントからコピーしたZSCキーを貼り付けてください。
  • 変更を確定するには、「保存」をクリックしてください。

連携したCRMの管理者以外のアカウントを変更する

  1. 「設定」をクリックしてください。
  2. 連携の欄で、Zoho CRMの管理者のの欄の「変更」をクリックしてください。
  3. Zoho CRMのアカウントの管理者のメールアドレスの項目を編集し、関連付けたいZoho CRMのアカウントのメールアドレスを入力してください。また、CRMの管理者から取得したZSCキーを追加してください。
  4. 変更を確定するには、「保存」をクリックしてください。

CRM連携を無効にする

必要に応じて、いつでもZoho セールスIQのCRMとの連携を無効にできます。

  • Zoho セールスIQで、「設定」をクリックしてください。
  • 連携の欄で、右上の「無効にする」ボタンをクリックしてください。

CRM連携を再度有効にする

  • Zoho セールスIQで、「設定」をクリックしてください。
  • 連携の欄で、右上の「有効にする」ボタンをクリックしてください。

CRM連携の設定

Zoho セールスIQとZoho CRMアカウントの連携後、ニーズに合わせて詳細を設定できます。連携を設定する方法については以下を参照してください。

追加する訪問者の種類

CRMに自動で追加する新しい訪問者の種類を設定できます。選択内容:

  • 未対応のみ – 未対応の訪問者が自動でCRMに登録されます。
  • 対応済みのみ - 対応済みの訪問者が自動でCRMに登録されます。
  • アクセス済みのみ - Webサイトにアクセスした訪問者がCRMに登録されます
  • 対応済み&未対応 - 対応済みか未対応の訪問者がCRMに登録されます。
  • すべてを選択 – 未対応、もしくは、対応済みに関わりなく、すべての新規訪問者が登録されます。
  • なしを選択 - 訪問者はCRMに自動で登録されません。ただし、チャットのウィンドウから手動でCRMに登録できます。

見込み客/連絡先として追加する

訪問者を見込み客、または、連絡先として自動でCRMに追加するかどうかも設定できます。

  • Zoho セールスIQで「設定」をクリックしてください。
  • 連携のCRMの設定の欄で、見込み客か連絡先を選択するためのボタンをクリックしてください。

メモ:この設定は、自動で追加されたすべての訪問者に適用されるため、必要な種類の訪問者のみを追加するように注意してください。

今後のタスクを自動で追加する

Zoho セールスIQを通じてCRMに自動で追加される顧客に今後のタスクを登録するかどうかや、そのタスクをいつ実行するか等を設定できます。CRMで今後のタスクを作成するように設定できます(期限は今日、明日、7日後、14日後から選択可能)。チーム全体で顧客への対応状況を確認するのに役立ちます。

CRMに登録された新しい訪問者に担当者を割り当てる

Zoho セールスIQからCRMに登録されたすべての新しい訪問者を、Zoho CRMの特定の担当者に割り当てることもできます。

  • Zoho セールスIQで「設定」をクリックしてください。
  • 連携の欄で、CRMの設定の欄の「新しい訪問者のCRMの担当者」の隣にある項目を選択してください。
  • CRMの担当者と「Zoho セールスIQの対応者」の選択肢が表示されます。

メモ:

担当者名を選択すると、新しい訪問者がすべて割り当てられます。

Zoho セールスIQの対応者 - これを選択すると、チャットに対応した担当者が、新しい訪問者に関するCRMでの担当者になります。担当者がZoho CRMに関連付けられていない場合、これらのチャットはZoho CRMの管理者に割り当てられます。

CRM内で訪問者を追跡する

Zoho セールスIQを使用すると、CRM内で訪問者をリアルタイムで追跡できます。訪問者がWebサイトにアクセスした時に、CRM内でも通知を受け取れます。商談/見込み客/連絡先に関する訪問者の滞在時間や訪問したページ等の情報がZoho CRM内に保存され、確認できます。

  • 訪問者の通知 – Websサイトの訪問者に関する通知をZoho CRM内で有効/無効にできます。
  • 訪問の詳細の追加 – 見込み客/連絡先の訪問に関する項目に、訪問者のアクセスの詳細を追加することを有効/無効にできます。

訪問者の通知

訪問者がWebサイトにアクセスした時に、CRM内部でリアルタイムで通知を受け取る方法を見てみましょう。Zoho CRMに保存されている訪問者の情報を表示できます。

訪問者の訪問の詳細を表示する

訪問者の情報をCRMに追加できます。訪問者がWebサイトで行った操作を、顧客/商談/見込み客/連絡先等のCRMの情報に基づいて分類して確認できます。

自動でチャットの履歴を添付する

 

Zoho セールスIQの設定

Zoho セールスIQで未対応の訪問者がいた場合に、CRMに登録して追跡するか、既存のデータと関連付けてフォローするかを設定できます。

未対応の訪問者が新しい見込み客か連絡先としてCRMに自動で登録された場合のZoho セールスIQ内のステータスについて、CRMで追跡中として表示するか、未対応の訪問者として表示するかを選択できます。

訪問者をCRMの担当者に割り当てて画面で確認するには

Webサイトのリピート訪問者を、CRMで見込み客や連絡先を作成した担当者に割り当てて、Webサイトの訪問者を追跡できます。訪問者がWebサイトにアクセスすると、見込み客/連絡先の担当者が、追跡画面で登録情報を確認できます。

訪問者を割り当てるには、次の手順にしたがってください:

  • 設定 -> 自動化 -> 訪問者の割り当てへ移動してください。
  • 条件を選択してください。その後、割り当て方法を選択してください。
  • プラス(+)記号をクリックすると、選択肢とユーザーの一覧が表示されます。ユーザーの一覧でCRMの見込み客/連絡先の担当者を選択してください。
  • 訪問者は、それぞれの見込み客か連絡先のCRMの担当者に割り当てられます。

CRMのWebフォームで訪問者の追跡を有効にするには?

CRMのWebフォームからWebサイトにアクセスした訪問者を追跡できます。CRMのWebフォームを作成する際にWebフォームで訪問者を追跡する機能を有効にでき、セールスIQを通じてWebサイトにアクセスした訪問者を追跡できます。Webフォームで追跡を有効にするには、以下の手順にしたがってください:

まず、Zoho CRMのWebフォームを設定してください。Zoho CRMのWebフォームを設定するには

次の手順に進むためのボタンをクリックすると、フォームの通知の欄が表示されます。訪問者の追跡のオプションを有効にしてください。

初期設定のWeb組み込みが選択されて表示され、クリックすると、利用可能なWeb組み込みが一覧表示されます。一覧から利用するWeb組み込みを選択してください。

メモ:ポータルが有効でない場合、新しいポータルを作成してください。

変更を更新するには保存のボタンをクリックしてください。

連携情報の利用

顧客データベースとチャットのサポートを連携させると、顧客情報おより効果的に活用できます。

ウィンドウのカスタマイズでCRMの訪問者に優先順位を付ける

訪問者の画面で、CRMの情報に応じて訪問者に優先順位を付けることができます。

訪問者のCRMの情報を表示する

顧客(または訪問者)がZoho セールスIQを通してチャットを開始すると、チャットに入力した訪問者の情報はCRMのデータベースと自動的に連携します。顧客の情報が、すでにデータベースに登録されている情報と一致する場合、Zoho セールスIQのチャットのウィンドウの右側にCRMの情報が自動で表示されます。

CRMで訪問者に関する詳細情報を表示する

顧客(連絡先と見込み客の両方)の情報の一部がまず表示されますが、それ以外の情報については、ワンクリックでCRM内の詳細にアクセスして確認できます。

  • 詳細情報のアイコンをクリックしてください。
  • Zoho CRM内の顧客の情報をすべて表示するための新しいタブが開きます。

Zoho セールスIQからCRMにデータを手動で追加する

CRMに自動で登録されていない、または、CRMのデータベースにまだ登録されていない訪問者とチャットしている場合、これらの訪問者を手動で見込み客か連絡先としてCRMに登録することができます。

セールスIQの訪問者のデータをCRMのカスタム項目に自動で登録する

セールスIQでは、訪問者のデータをCRMのカスタム項目に自動で登録できます。セールスIQで収集した訪問者のデータは、自動でCRMの連絡先/見込み客タブのカスタム項目に追加されます。カスタム項目をZoho CRMに追加する方法

CRMの見込み客/連絡先タブに追加できるカスタム項目の一覧:

  • 見込み客の得点
  • 画面の解像度
  • 文字コード
  • 現在のページ
  • ユーザーエージェント
  • プラットフォーム
  • リファラー(参照元)
  • ブラウザーの種類
  • ブラウザーのバージョン
  • OS
  • 色の濃さ
  • スクリプトのバージョン
  • Javaのサポート
  • Cookieのサポート
  • ページのタイトル
  • 検索エンジン
  • 検索語
  • プロトコル
  • テーマ
  • 訪問者の指標
  • FlashPlayerのバージョン
  • 位置情報
  • タイムゾーン
  • 市区町村
  • 都道府県
  • IPアドレス
  • 対応言語
  • 経度
  • 緯度
  • 郵便番号
  • 関連するキャンペーン
  • キャンペーンの媒体
  • キャンペーンの期間
  • キャンペーンの内容
  • キャンペーン名
  • 訪問者のID
  • 名前
  • メールアドレス
  • 質問
  • 部門
  • 組み込み
  • 電話番号
  • 未対応の理由
  • 時間内
  • 終了日時
  • 未対応の時間
  • 待機時間
  • チャットの時間
  • 最後のメール送信
  • 顧客情報

セールスIQからCRMの訪問タブに訪問者のデータを登録する

また、セールスIQで取得した訪問者のデータをCRMの訪問タブに自動で登録することもできます。セールスIQで収集した訪問者のデータは、自動でCRMの連絡先/見込み客タブのカスタム項目に追加されます。カスタム項目をZoho CRMに追加する方法

CRMの訪問タブに追加できるカスタム項目の一覧:

  • 市区町村
  • 都道府県
  • IPアドレス
  • ブラウザーの種類
  • 関連するキャンペーン
  • キャンペーンの媒体
  • キャンペーンの期間
  • キャンペーンの内容
  • キャンペーン名
  • OS

見込み客の設定

新しい見込み客を追加する

見込みのある訪問者とチャットしている際、チャットのウィンドウからそのままその訪問者を新しい見込み客として追加できます。

「CRMに登録」ボタンをクリックすると、「見込み客/連絡先に追加」の欄が表示されます。初期設定では新しい見込み客を追加するための情報が表示されますが、見込み客、または、連絡先のいずれかをクリックすると2つの種類を切り替えることができます。

Zoho セールスIQから新しい見込み客を追加する際、訪問者の組織名を入力してください。電話番号や見込み客のステータスを追加して、担当者を割り当てることもできます。

CRMの見込み客の情報に基づいて訪問者を追跡する

追跡の機能により、担当者がWebサイトの訪問者の状況を把握できます。また、Zoho CRMの見込み客情報に基づいて訪問者を優先順位付けするための条件を設定して、より有望な訪問者に対してチャットを開始できます。

Zoho CRMの見込み客の情報に基づいて訪問者の担当者を割り当てる

Zoho CRMで作成される見込み客は、設定した割り当てルールに基づき、特定の担当者に割り当てることができます。

  • 見込み客を割り当てるには、設定に進み、自動化のタブを選択してください。
  • 訪問者の割り当てを選択し、「追加」をクリックして条件を設定してください。
  • 一覧から「CRMの見込み客」を選択し、続いてCRMの見込み客で使用する項目を選択してください。
  • 「条件」を設定してください。
  • 条件として設定する値を入力してください。
  • 担当者を追加するには、担当者の割り当ての欄で「+」記号をクリックし、担当者名を入力してください。
  • 追加した担当者を削除するには、担当者にカーソルを合わせて、「-」記号をクリックしてください。

CRMの見込み客に対して自動で処理を実行する

Webサイトのページへのアクセス中に、Zoho CRMの見込み客情報に基づいて、訪問者に対して処理を自動で実行することができます。

見込み客に対して処理を自動で実行するには、次の手順にしたがってください:

  • 設定に進んで、自動化のタブをクリックしてください。
  • 自動化のタブの自動処理のメニューを選択してください。
  • Webサイトのどこ(閲覧開始ページや、Webサイトの任意のページ)で訪問者に対して処理を実行するかを選択してください。
  • 次に条件として、CRMの見込み客を選択してください。条件を選択し、テキスト欄に値を入力してください。
  • 一覧から実行する処理の種類を選択してください。
  • 最後に、処理を実行する時間を設定してください。

見込み客の情報に基づいて優先順位をカスタマイズする

Zoho CRMの情報をもとに条件を設定して、訪問者の優先順位を設定することができます。

  • 訪問者が表示されている画面の「カスタマイズ」をクリックすると、優先順位の条件を設定できます。
  • 「訪問者の優先順位付け」の下にあるスペースをクリックし、「CRMの見込み客」を選択後、CRMの見込み客の項目を選択してください。
  • 「条件」を設定してください。
  • 「適用」をクリックしてください。

訪問者に関するCRMの見込み客の情報を表示する

チャットのウィンドウの右上(訪問者の閲覧履歴の上)に、CRMの見込み客情報が表示されます。

以下は、チャットのウィンドウに表示される見込み客の項目です。

  • 組織
  • 電話
  • 見込み客のステータス
  • 見込み客の担当者
  • 見込み客の登録経路
  • 年間売上
  • 従業員数

メモ:CRMの値が登録されていない項目はZoho セールスIQでは表示されず、代わりにその他の項目が表示されます。

チャットのウィンドウで訪問者に関するCRMの見込み客の情報を表示する

CRMの見込み客である訪問者とチャットしている場合、簡易表示でその人の組織、電話番号、見込み客のステータスを確認できます。

CRMの見込み客のカスタム項目を更新する

Zoho セールスIQでは、チャット中にZoho CRMの見込み客のカスタム項目を更新できます。CRMに追加する情報を選択するだけで実行できます。

  • CRMに追加する情報を選択してください。
  • 「CRMのアイコン」をクリックしてください。
  • CRMに情報を追加するカスタム項目を選択してください。
  • 選択した値が下部のテキスト欄に自動で表示されますので、必要に応じて編集した後、「保存」をクリックしてください。
  • 「キャンセル」をクリックすると、いつでも削除できます。

見込み客を連絡先に変換する

見込み客を商談に変換することもできます。商談の項目を表示するには、「新しい商談の作成」の欄をクリックしてください。見込み客とチャットしているのと同じウィンドウで、新しい商談名、その商談のステージ、総額、完了予定日を入力できます。

これらの情報を入力後、「見込み客の変換」ボタンをクリックすると、見込み客を連絡先と商談に変換できます(連絡先と商談は関連付いた状態で作成されます)。

CRMの見込み客にタスクを追加する

Zoho セールスIQからCRMの見込み客に今後のタスクを手動で作成することもできます。タスクの追加アイコンをクリックするだけです。

連絡先の設定

新しい連絡先として追加する

訪問者とチャットした後、その訪問者を新しい連絡先として簡単に追加できます。

新しい連絡先を追加するには

  • チャットのウィンドウの右側の「CRMに登録」のボタンをクリックしてください。
  • 新しい連絡先を追加するメニューを表示するには「連絡先」をクリックしてください。
  • 連絡先の「取引先名」を入力してください。
  • 連絡先の電話番号を入力してください。
  • 新しい連絡先の担当者を割り当てることもできます。
  • 最後に、担当者が連絡先と連絡をとり、新しい商談につなげることができるように今日の今後のタスクを作成できます。

CRMの連絡先の情報に基づいて訪問者を追跡する

追跡の機能により、担当者がWebサイトの訪問者の状況を把握できます。また、Zoho CRMの連絡先情報に基づいて訪問者を優先順位付けするための条件を設定して、より有望な訪問者に対してチャットを開始できます。

Zoho CRMの連絡先の情報に基づいて訪問者の担当者を割り当てる

Zoho CRMで作成される連絡先は、設定した割り当てルールに基づき、特定の担当者に割り当てることができます。

  • CRMの連絡先情報に基づいて訪問者を割り当てるには、設定に進み、自動化のタブを選択してください。
  • 訪問者の割り当てを選択し、「追加」をクリックして条件を設定してください。
  • 一覧から「CRMの連絡先」を選択し、続いてCRMの連絡先で使用する項目を選択してください。
  • 「条件」を設定してください。
  • 条件として設定する値を入力してください。
  • 担当者を追加するには、担当者の割り当ての欄で「+」記号をクリックし、担当者名を入力してください。
  • 追加した担当者を削除するには、担当者にカーソルを合わせて、「-」記号をクリックしてください。

CRMの連絡先に対して自動で処理を実行する

Webサイトのページへのアクセス中に、Zoho CRMの連絡先情報に基づいて、訪問者に対して処理を自動で実行することができます。

CRMの連絡先に対して自動で処理を実行するには、次の手順にしたがってください:

  • 設定に進んで、自動化のタブをクリックしてください。
  • 自動化のタブの自動処理のメニューを選択してください。
  • Webサイトのどこ(閲覧開始ページや、Webサイトの任意のページ)で訪問者に対して処理を実行するかを選択してください。
  • 次に条件として、CRMの連絡先を選択してください。条件を選択し、テキスト欄に値を入力してください。
  • 一覧から実行する処理の種類を選択してください。
  • 最後に、処理を実行する時間を設定してください。

連絡先の情報に基づいて優先順位をカスタマイズする

Zoho CRMの情報をもとに条件を設定して、訪問者の優先順位を設定することができます。

  • 訪問者が表示されている画面の「カスタマイズ」をクリックすると、優先順位の条件を設定できます。
  • 「訪問者の優先順位付け」の下にあるスペースをクリックし、「CRMの連絡先」を選択後、CRMの連絡先の項目を選択してください。
  • 「条件」を設定してください。
  • 「適用」をクリックしてください。

訪問者に関するCRMの連絡先の情報を表示する

チャットのウィンドウの右上(訪問者の閲覧履歴の上)に、CRMの連絡先情報が表示されます。

以下は、チャットのウィンドウに表示される連絡先の項目です。

  • 取引先名
  • 電話番号
  • 連絡先の担当者
  • 見込み客の登録経路

メモ:CRMの値が登録されていない項目はZoho セールスIQでは表示されず、代わりにその他の項目が表示されます。

チャットのウィンドウで訪問者に関するCRMの連絡先の情報を表示する

連絡先では、以下の情報を簡単に確認できます

  • 取引先名 - 所属している組織名。
  • 電話番号 – 連絡先の電話番号。
  • 担当者 - この連絡先を担当しているユーザー。

メモ:下線のついている取引先名をクリックすると、取引先の詳細を新しいタブで確認できます。

CRMの連絡先のカスタム項目を更新する

Zoho セールスIQでは、チャット中にZoho CRMの連絡先のカスタム項目を更新できます。

  • CRMに追加する情報を選択してください。
  • 「CRMのアイコン」をクリックしてください。
  • CRMに情報を追加するカスタム項目を選択してください。
  • 選択した値が下部のテキスト欄に自動で表示されますので、必要に応じて編集した後、「保存」をクリックしてください。
  • 「キャンセル」をクリックすると、いつでも削除できます。

連絡先に商談の情報を追加する

、「新しい商談の作成」の欄をクリックすると、商談の情報を追加できます。チャットしているのと同じウィンドウで、新しい商談名、その商談のステージ、総額、完了予定日を入力できます。

これらの情報を入力後、「保存」のボタンをクリックすると、商談が新しく作成され、連絡先と関連付けられます。

CRMの連絡先にタスクを追加する

Zoho セールスIQからCRMの連絡先に関する今後のタスクを手動で作成することもできます。タスクの追加アイコンをクリックするだけです。

商談の設定

CRMの商談の情報に基づいて訪問者を追跡する

追跡の機能により、担当者がWebサイトの訪問者の状況を把握できます。また、Zoho CRMの商談情報に基づいて訪問者を優先順位付けするための条件を設定して、より有望な訪問者に対してチャットを開始できます。

Zoho CRMの商談の情報に基づいて訪問者の担当者を割り当てる

割り当てルールを設定して、商談の情報に基づいて担当者を割り当てることができます。

  • CRMの商談情報に基づいて訪問者を割り当てるには、設定に進み、自動化のタブを選択してください。
  • 訪問者の割り当てを選択し、「追加」をクリックして条件を設定してください。
  • 一覧から「CRMの商談」を選択し、続いて「未完了の商談の数」か「未完了の商談の総額」を選択してください。
  • 「条件」を設定してください。
  • 条件として設定する値を入力してください。
  • 担当者を追加するには、担当者の割り当ての欄で「+」記号をクリックし、担当者名を入力してください。
  • 追加した担当者を削除するには、担当者にカーソルを合わせて、「-」記号をクリックしてください。

CRMの商談に関する訪問者に対して自動で処理を実行する

Webサイトのページへのアクセス中に、Zoho CRMの商談情報に基づいて、訪問者に対して処理を自動で実行することができます。

CRMの商談に関する訪問者に対して自動で処理を実行するには、次の手順にしたがってください:

  • 設定に進んで、自動化のタブをクリックしてください。
  • 自動化のタブの自動処理のメニューを選択してください。
  • Webサイトのどこ(閲覧開始ページや、Webサイトの任意のページ)で訪問者に対して処理を実行するかを選択してください。
  • 次に条件として、CRMの商談を選択してください。条件を選択し、テキスト欄に値を入力してください。
  • 一覧から実行する処理の種類を選択してください。
  • 最後に、処理を実行する時間を設定してください。

Zoho CRMの商談の情報に基づいて優先順位をカスタマイズする

Zoho CRMの情報をもとに条件を設定して、訪問者の優先順位を設定することができます。

  • 訪問者が表示されている画面の「カスタマイズ」をクリックすると、優先順位の条件を設定できます。
  • 一覧から「CRMの商談」を選択し、続いて「未完了の商談の数」か「未完了の商談の総額」を選択してください。
  • 「条件」を設定してください。
  • 条件として設定する値を入力してください。
  • 「適用」をクリックしてください。

未完了の商談の数 - 該当の連絡先に関する商談のうち、「受注」のステージ以外の商談の数です。

未完了の商談の総額 - 該当の連絡先に関する商談の総額です。

訪問者に関するCRMの商談の情報を表示する

チャットのウィンドウの右上(訪問者の閲覧履歴の上)に、CRMの商談情報が表示されます。

チャットのウィンドウで訪問者に関するCRMの商談の情報を表示する

簡易表示で、商談に関する情報を簡単に確認することもできます。すでに商談が進んでいる連絡先に対してより適切な対応を行うのに役立ちます。

チャットのウィジェットから訪問者のデータを用いてCRMのカスタム項目を更新する

Zoho セールスIQのチャットのウィンドウのカスタム項目名がCRMのカスタム項目と一致する場合、Zoho セールスIQを通じてこれらのデータがリアルタイムでCRMで更新されます。

JavaScript APIを使用してチャットのウィジェットにカスタム項目を追加する方法については、こちらをクリックしてください。

メモ:これらの訪問者の情報は、CRMに新しい訪問者を追加する場合にのみ更新されます。

CRMの訪問者の種類

CRMの訪問者の種類に基づいて訪問者を追跡する

追跡の機能により、担当者がWebサイトの訪問者の状況を把握できます。また、Zoho CRMの商談情報に基づいて訪問者を優先順位付けするための条件を設定して、より有望な訪問者に対してチャットを開始できます。

Zoho CRMの訪問者の種類に基づいて訪問者の担当者を割り当てる

訪問者に関するZoho CRMの情報に基づいて、Webサイトの訪問者を担当者に割り当てることができます。

  • 見込み客を割り当てるには、設定に進み、自動化のタブを選択してください。
  • 訪問者の割り当てを選択し、「追加」をクリックして条件を設定してください。
  • 一覧から「CRMの訪問者の種類」を選択し、続いてCRMの連絡先で使用する項目を選択してください。
  • 担当者を追加するには、担当者の割り当ての欄で「+」記号をクリックし、担当者名を入力してください。
  • 追加した担当者を削除するには、担当者にカーソルを合わせて、「-」記号をクリックしてください。

訪問者の種類に基づいて優先順位をカスタマイズする

Zoho CRMの訪問者の種類をもとに条件を設定して、訪問者の優先順位を設定することができます。

  • 訪問者が表示されている画面の「カスタマイズ」をクリックすると、優先順位の条件を設定できます。訪問者に優先順位を付けるためのウィンドウが表示されます。
  • 一覧から「CRMの訪問者の種類」を選択し、続いて使用する項目を選択してください。
  • 「条件」を設定してください。
  • 「適用」をクリックしてください。

Webサイトの訪問者に対して自動で処理を実行する

Webサイトのページへのアクセス中に、Zoho CRMの訪問者の種類に基づいて、訪問者に対して処理を自動で実行することができます。

訪問者に対して自動で処理を実行するには、次の手順にしたがってください:

  • 設定に進んで、自動化のタブをクリックしてください。
  • 自動化のタブの自動処理のメニューを選択してください。
  • Webサイトのどこ(閲覧開始ページや、Webサイトの任意のページ)で訪問者に対して処理を実行するかを選択してください。
  • 次に条件として、CRMの訪問者の種類を選択してください。条件を選択し、テキスト欄に値を入力してください。
  • 一覧から実行する処理の種類を選択してください。
  • 最後に、処理を実行する時間を設定してください。

CRMでZoho セールスIQのデータを表示する

CRMの添付ファイルとしてチャットの履歴を表示する

完了したチャットを履歴としてCRMに登録するようZoho セールスIQで設定すると、CRM内の見込み客と連絡先とのチャットの履歴を保存しておいて後から表示できます。見込み客や連絡先の表示画面で添付ファイルの欄まで移動すると、その人とのチャットの内容がPDF形式でチャットの件名とともに一覧表示されます。これらの履歴をクリックして、開く、または、ダウンロードを選択すると、履歴を閲覧、または、ダウンロードできます。

見込み客の登録経路としてのチャット

見込み客の登録経路がチャットになっているデータを検索や抽出することで、Zoho セールスIQを通じて登録された見込み客の件数等の情報を確認できます。

メモ(自動追加)と手動追加

Zoho セールスIQで見込み客や連絡先とチャットすると、自動でそのチャットにメモが追加されます(チャットした相手、訪問ID、チャットの日時、件名/質問等)。Zoho セールスIQで訪問者が開始しようとしたチャットに対応できなかった場合も、メモが自動で追加されます。

Zoho セールスIQのメモの欄から直接メモを手動で追加することもできます。見込み客や連絡先の場合、これらのメモが直接CRMに登録され、チームが顧客や訪問者についての情報をより詳しく知るのに役立ちます。

今後のタスク

Zoho セールスIQで自動/手動で今後のタスクが作成されると、CRM内の見込み客や連絡先の詳細ページの「未完了の活動」の欄でそれらのタスクが表示されます。Zoho セールスIQのチャットのフォローに関するタスクが表示され、あわせて、チャットの件名、活動の種類(タスク、ステータス、期限)等が表示されます。タスクの担当者も確認できます。

CRM - 訪問

Zoho CRMでWebサイトの訪問者を表示するには

Zoho CRMの「訪問」タブで、Webサイトにアクセスした訪問者を表示できるようになりました。訪問者がWebサイトにアクセスし、訪問者の情報が識別されると、訪問者の詳細が訪問タブに表示されます。訪問者が担当者とチャットすると、チャットの履歴も添付されます。

一覧表示

訪問タブには一覧表示の方法が予め用意されており、クリックすると一覧表示の方法を変更できます。一覧の内容は以下です:

  • すべての訪問
  • 今日の訪問
  • 上位の訪問
  • 今日の上位の訪問
  • 見込み客の訪問
  • 連絡先の訪問

一覧表示は、一覧の左隅に表示される編集のメニューをクリックして変更することもできます。

訪問タブで利用できる標準の情報

一般情報の欄には、訪問者、訪問ページ、滞在時間などの情報が表示されます(これらの項目は編集できません)。

一般情報の欄で参照できる情報は次のとおりです。

項目名 詳細
IPアドレスページにアクセスした訪問者のIPアドレスです。
訪問者ページを訪問した見込み客や連絡先の名前です。Zoho セールスIQの連携の設定に応じて、新しい訪問者は見込み客か連絡先として追加されます。
訪問したページ訪問者がアクセスしたページです。
滞在時間(分)訪問者が1回の訪問でページに滞在した時間(分)です。
参照元Webサイトへの訪問経路です。これは、訪問者が該当のWebページを表示する前に表示していたURLです。
ユーザーエージェント訪問者が利用しているブラウザー、OS等の詳細です。
対応者チャットに対応したユーザーの名前です。
訪問したページのURL訪問したページのURLです。
ブラウザーWebページにアクセスした際に利用していたブラウザーです。
訪問者の種類訪問者は以下に分類されます:顧客、商談、見込み客、連絡先、不明
売上該当の顧客からのこれまでの売上です。
訪問時間訪問の日付と時刻です。
検索キーワード訪問者がWebページを訪問した際に使用した検索キーワードです。
検索エンジンキーワードを検索する際に使用した検索エンジンの名前です。
OS訪問者のコンピューター/端末のOSです。

メモと添付ファイル

訪問者と担当者のチャットは添付ファイルのの欄に保存されます。チャットの履歴をPDFファイルとしてダウンロードし、会話を表示することができます。重要なポイントをメモの欄に記録しておくこともできます。

実行した操作

実行した操作のの欄では、以下の情報を参照できます:

  • 操作の種類- 次の操作のいずれかが表示されます:
    • アクセス
    • 移動
    • チャット
  • 操作 - ページのタイトルです。
  • 滞在時間 - 訪問者が1回の訪問でページに滞在した分数です。
  • 操作日時 - Webページで該当の操作を行った日時です。