概要

MailChimpのアカウントとセールスIQを連携させると、マーケティングメールを通じてWebサイトを訪問した訪問者を特定できます。訪問者がチャットに情報を入力する際、メールマガジンやニュースレターの購読を申し込めるようにし、購読者の増加につなげられます。MailChimpで送信されたキャンペーンからの訪問者の行動を追跡でき、訪問者の行動がセールスIQのダッシュボードに表示されます。また、Webサイトにアクセスした訪問者に送信したメールキャンペーンの情報を確認することができます。チャット署名をメールキャンペーンに追加して、チャットをすぐに開始することもできます。

目次上へ

MailChimpとセールスIQを連携するには?

MailChimpとセールスIQを連携するには、セールスIQ -> 設定 -> 連携に進んでください。MailChimpに移動し、「連携を有効にする」ボタンをクリックしてください。

MailChimpとセールスIQの連携のページが新しいウィンドウに表示されます。

MailChimpのユーザー名とパスワードを入力して「サインイン」をクリックしてください。

MailChimpのアカウントがセールスIQと連携します。

誰がセールスIQのダッシュボードでMailChimpの詳細を表示できますか?

部門に関わらずすべてのユーザーにキャンペーンの詳細を表示したい場合、MailChimpのキャンペーンの詳細の表示の欄で「すべて」を選択してください。

また、Zoho セールスIQのダッシュボードでキャンペーンの詳細を表示できる部門を選択することもできます。 選択した部門のみにキャンペーンの詳細を表示するには、MailChimpのキャンペーンの詳細の表示の欄で「カスタム」を選択してください。

検索のオプションが表示されますので、検索バーをクリックしてください。選択できる部門が一覧に表示されますので、部門を選択してください。選択した部門のユーザーのみ、Zoho セールスIQのダッシュボードでキャンペーンの詳細を表示できます。

「削除」のボタンをクリックすると、選択した部門を削除できます。

チャットのウィンドウからメールマガジンやニュースレターへの登録を有効にするには?

チャットを開始する前の画面で、メールマガジンやニュースレターへの登録を受け付けられます。設定 ->Web組み込みで、ニュースレターの購読の表示の隣にある設定のリンクをクリックしてください。

入力画面が表示されますので、Webサイトの訪問者にチャットのウィンドウで表示したいテキストを入力してください。次に、一覧からメール送信対象リストを選択し、保存をクリックしてください。

キャンペーンの設定で、セールスIQからMailChimpに自動で送信する項目を選択できます。初期設定では、セールスIQのメールの項目と、MailChimpのキャンペーンのメールアドレスの項目が関連付けられます。

メールの項目以外に、関連付ける項目を4件まで選択できます。他の項目を関連付けるには「さらに追加」をクリックしてください。

セールスIQの項目の一覧からセールスIQに関連付ける項目を選択してください。

次に、キャンペーンの項目の一覧からMailChimpで対応する項目を選択してください。

セールスIQで取得されたデータが、MailChimpの選択した項目に反映されます。追加した項目を無効にしたり、削除したりすることもできます。

Webサイトのチャットにアクセスした訪問者が、チャットを開始する前の画面でメールマガジンやニュースレターに登録できます。

送信済みキャンペーンの詳細は、セールスIQのどこに表示されますか?

訪問者が送信したキャンペーンの詳細は、次の3つの場所で表示できます:

チャットのウィンドウに表示されるキャンペーンのステータス

最新の3件のキャンペーンへの反応状況(停止、保留、保存、予定、送信中、送信済み、登録、登録解除)をチャットのウィンドウから確認できます。

チャットのウィンドウ/履歴に表示されるキャンペーンの情報

進行中のチャットのウィンドウやチャットの履歴において、送信済みのキャンペーンの情報の欄で、訪問者に送信したキャンペーンを最新の5件分表示できます。

キャンペーン名をクリックすると、キャンペーンの内容全体を表示できます。

訪問者の履歴に表示されるキャンペーンの情報

訪問者の履歴の欄で、訪問者に送信した最新のキャンペーンを表示できます。キャンペーン名をクリックすると、キャンペーンの内容を表示できます。

MailChimpで送信したメールキャンペーンに基づいてWebサイトの訪問者を評価するには?

MailChimpで送信した特定のメールキャンペーンから、Webサイトにアクセスした訪問者を評価することができるようになりました。

  • 設定 -> 見込み客の評価 -> Zoho セールスIQに進んでください。
  • 条件の一覧からMailChimpを選択してください。
  • MailChimpから送信されたメールキャンペーンが一覧に表示されます。メールキャンペーンを選択してください。

  • 訪問者を評価する操作を選択してください。

  • 特定の操作に対するポイントを設定してください。
  • 適用のボタンをクリックしてください。

訪問者が特定のメールキャンペーンからWebサイトにアクセスすると、選択したポイントが訪問者に追加/削減されます。

MailChimpで送信したメールキャンペーンに基づいてWebサイトの訪問者に優先順位をつけるには?

メールキャンペーンに基づいて、Webサイトの訪問者の優先順位を付けることができます。

  • リング -> カスタマイズで、条件の一覧からZoho キャンペーンを選択してください。

  • MailChimpから送信されたメールキャンペーンが一覧に表示されます。メールキャンペーンを選択してください。

  • 訪問者の優先順位を付ける操作を選択してください。
  • 適用のボタンをクリックしてください。

メールキャンペーンからWebサイトにアクセスした訪問者が、設定した内容に応じて優先順位順に表示されるようになります。

MailChimpで送信したメールキャンペーンに基づいて訪問者の履歴からWebサイトの訪問者を抽出するには?

特定のメールキャンペーンからWebサイトにアクセスした訪問者を表示するフィルターを適用することができます。

  • 訪問者の履歴 -> 追加の記号(+) -> 一覧の作成に進んでください。
  • 条件の一覧から「MailChimpのキャンペーン」を選択してください。

  • MailChimpから送信されたメールキャンペーンが一覧に表示されます。メールキャンペーンを選択してください。

  • 一覧として取得する対象を選択してください。

  • 一覧の名前を入力し、適用のボタンをクリックしてください。
  • 選択したメールキャンペーンからWebサイトにアクセスした訪問者が、新しい列に表示されます。

特定のメールキャンペーンからのWebサイトの訪問者にチャットを自動で起動するには?

メールキャンペーンからWebサイトにアクセスした訪問者に対する自動処理を設定できます。

  • 設定 -> 自動化 -> 自動実行条件 ->追加に移動してください。
  • 設定した内容を実行するタイミングを選択してください。
  • 実行条件として、「MailChimp」を選択してください。
  • MailChimpから送信されたメールキャンペーンが一覧に表示されます。メールキャンペーンを選択してください。
  • Webサイトの訪問者に対して実行する処理を選択してください。
  • Webサイトの訪問者に対して実行する処理の種類を一覧から選択してください。

訪問者が特定のメールキャンペーンからWebサイトにアクセスすると、設定した処理(チャットのウィンドウを開く)が実行されます。

訪問者がWebサイトを離れるときに、メールキャンペーンのリストの情報を自動で追加するには?

訪問者がWebサイトを離れる時に、キャンペーンのメール送信対象リストに訪問者を直接追加することができます。

  • 設定 -> 自動化 -> 自動実行条件 -> 訪問者の行動の一覧で、「Webサイトを離れる時」を選択してください。その後、条件を設定してください。

  • 処理内容の一覧から、メール送信対象リストに追加する処理を選択してください。

  • メール送信対象リストに追加するための画面が表示され、選択肢が2つ表示されます:
    1. 既存のリストに追加
    2. 新しいリストの作成

  • 既存のキャンペーンのリストを表示するには「既存のリストに追加」を選択してください。訪問者を追加する対象のキャンペーンを一覧から選択できます。

  • 新しくリストを作成するには「新しいリストを作成」を選択し、新しいリストの名前をテキスト欄に入力してください。
  • 「初期設定の差出人メールアドレス」と「初期設定の名前」で、初期設定のメールアドレスとMailChimpのキャンペーンのアカウントの名前を入力してください。
  • 次に、このリストに追加する受信者の詳細を入力してください。
  • 訪問者の情報を定期的に更新したい場合、毎週または毎月のどちらかを選択してください。初期設定では、「なし」が選択されています。

  • 保存のボタンをクリックしてください。
  • 訪問者が条件を満たした時、訪問者がWebサイトを離れる際にメール送信対象リストに追加されるようになります。

Webサイトの訪問者名とメールアドレスを MailChimpで送信したキャンペーンメールを利用して識別する方法

メールに記載したリンクにセールスIQのパラメーターを追加すると、MailChimpのキャンペーンからのWebサイトの訪問者を識別することができます。

リンクに含めるセールスIQのパラメーター

?siq_name=*|FNAME|* *|LNAME|*&siq_email=*|EMAIL|*
https://www.yourlink.com/?siq_name=*|FNAME|* *|LNAME|*&siq_email=*|EMAIL|*

メモ:

設定するURLに疑問符(?)がすでに含まれている場合、上記のパラメーターの前にアンパサンド(&)記号をつけてURLの最後に追加してください。

例:
http://www.yourlink.com /index.php?module=Products&siq_name=*|FNAME|* *|LNAME|*&siq_email=*|EMAIL|*

そうでない場合、下記のようにパラメーターの前に疑問符(?)の前にリンクを付けてください。

例:
https://www.yourlink.com/?siq_name=*|FNAME|* *|LNAME|*&siq_email=*|EMAIL|*

また、追跡を開始するには、WebサイトのHTMLコードにセールスIQのコードを組み込んでおく必要があります。 セールスIQのコードの組み込みの詳細については、こちらをクリックしてください。

キャンペーンのパラメーター(UTM)に基づいてWebサイトの訪問者を分類するには?

セールスIQでは、キャンペーンのパラメーター(UTM)に基づいて条件を設定し、訪問者を優先付けられます。

訪問者の確認画面で、「カスタマイズ」をクリックしてください。訪問者の優先順位付けの画面が表示され、キャンペーンのパラメーター(UTM)に基づいて優先順位を付けられます。

キャンペーンのパラメーター(UTM)に基づいてチャットを自動で開始するには?

キャンペーンのパラメーター(UTM)に基づいて条件を設定し、設定した内容に応じてチャットを自動で起動するには、次の手順にしたがってください:

キャンペーンのパラメーター(UTM)に基づいてWebサイトの訪問者を担当者に割り当てるには?

追跡対象の訪問者を必要に応じて担当者に割り当てるには、次の手順にしたがってください:

キャンペーンのメールにチャットのボタンを追加できますか?

はい、できます。Zoho セールスIQには、キャンペーンのメールにチャットのボタンを追加して、Zoho セールスIQでのチャットを開始する機能があります。署名チャットの詳細については、こちらをクリックしてください。