$zoho.salesiq.visitor

.visitor.chat()チャットの開始時のイベントを処理する

このイベントハンドラーにより、訪問者がチャットを開始した時にメソッドを呼び出すことができます。

詳細 >>>

.visitor.missed()チャットが未対応になった時のイベントを処理する

このイベントハンドラーにより、チャットが未対応になった時にメソッドを呼び出すことができます。

詳細 >>>

.visitor.offlineMessage()担当者がオフライン時のイベントを処理する

このイベントハンドラーにより、オフラインでメッセージが送信された時にメソッドを呼び出すことができます。

詳細 >>>

.visitor.rating()フィードバック評価の送信時のイベントを処理する

このイベントハンドラーにより、訪問者がサポートのセッションについて評価した時にメソッドを呼び出すことができます。

詳細 >>>

.visitor.feedback()フィードバック送信時のイベントを処理する

このイベントハンドラーにより、フィードバックのメッセージの送信時にメソッドを呼び出すことができます。

詳細 >>>

.visitor.offlineMessage()訪問者が待機中のイベントを処理する

このイベントハンドラーにより、訪問者が待機状態になった時にメソッドを呼び出すことができます。

詳細 >>>

.visitor.active()訪問者が対応可能になった時のイベントを処理する

このイベントハンドラーにより、訪問者が待機状態から対応可能に戻った時にメソッドを呼び出すことができます。

詳細 >>>

.visitor.trigger()独自の自動処理を設定する

設定した条件に訪問者が一致する場合に、訪問者の閲覧開始ページで独自の処理を呼び出すことができます。必要事項:

  1. WebサイトにこのJS APIを実装してください。
  2. APIを呼び出すルールを設定 -> 自動化 -> 自動処理で設定し、JS APIの起動を行うタイミングを一覧から選択から選択してください。
  3. 訪問者がルールを満たすとAPIが呼び出されます。テキスト欄に入力したトリガー名が、引数として引き渡されます。2番目の引数には、訪問者の情報が含まれます。
詳細 >>>