Zoho セールスIQのポータルの設定

チャットに関する詳細な設定を行うと、チャットを自社のビジネスに合わせてさらに活用できます。詳細なチャットの設定では、入力状況の設定、ファイルの共有、チャットの統計の表示、チャットのフィードバックの依頼、チャットのやりとりの履歴の記録などが可能です。

ポータルの設定へ移動するには?

ポータルの設定へ移動するには:

  1. 「設定」へ移動してください。
  2. 「ポータルの設定」欄の「訪問者チャット画面の設定欄」の下に、訪問者のチャットの画面の設定のメニューがあります。
  3. アイコンをクリックし、オン(緑のバーと太いマーク)またはオフ(赤いバーと「-」マーク)に変更してください。
  4. ここで行った変更はセールスIQのポータル全体(すべてのユーザー/部門/組み込み)に反映されます。

訪問者のチャットの画面の設定

  1. 訪問者に入力状況を通知 - 入力状況を訪問者に共有します。
  2. 訪問者にファイルを送信 - ユーザーに対してチャット中の顧客とのファイル共有を許可します。
  3. 訪問者にページを通知 - ユーザーに対してチャット中のURLの共有を許可します。
  4. 訪問者情報のメール - ユーザーに対して顧客情報(地域、ブラウザーなど)のメールでの共有を許可します。
  5. Google翻訳 - ユーザーに対して訪問者とのやりとりをGoogle翻訳で相互翻訳することを許可します。
  6. 訪問者とのチャットの履歴 - チャットの終了後、チャットの履歴を訪問者に送信できます。自動/手動/両方/送信しないから選択できます。
    • 自動 - チャット終了後、チャットの履歴を訪問者に自動で送信します。
    • 手動 - チャット終了後、訪問者が手動でチャットの履歴を送信できます。
    • 両方 - チャット終了後、訪問者は手動でチャットの履歴を送信できます。さらに、訪問者は自動でもチャットの履歴を受信します。
    • 送信しない - 訪問者にチャットの履歴を送信しません。

ユーザーの対応可否の設定

Zoho セールスIQの管理者は、ユーザーのチャットに関する活動や待機時間を制御できます。

待機状態のユーザーをオフラインに設定

Zoho セールスIQでは、管理者がユーザーの待機時間を制御できます。ユーザーが離席中など対応できない状況で一定時間が過ぎた時に、チャットのウィジェットをオフラインにできます。

ユーザーの待機時間の設定

一覧から、ユーザーのステータスを待機にする時間を選択できます。

ユーザーの同時チャットの制限

この設定では、1人のユーザーが同時に行うチャットの最大数を制御できます。チャット数が上限に達すると、ユーザーのステータスが「対応中」に変更されます。

メールの設定

Zoho セールスIQが自動的に送信するメールの内容を設定でき、社内のユーザーにサポート対応に関する重要な情報をお知らせできます。

メールの設定へ移動して編集するには:

  1. 「設定」をクリックしてください。
  2. ポータルの設定の欄で、「メールの設定」まで移動してください。
  3. それぞれの設定で、メールアドレスの項目をクリックして編集してください。または、右側のチェックマークのアイコンをクリックし、対象のメール設定を無効にしてください。

メールの設定の一覧:

送信元のメールアドレス - 送信元として表示されるメールアドレスを設定できます。未対応チャットへの返信、日次の統計、終了後のチャットの履歴、未対応の訪問者の通知、訪問者のフィードバックなどのZoho セールスIQからのメールの送信元として表示されます。

訪問者に返信する際の「送信元」メールアドレスの選択肢は3種類あります。

  • ユーザー:ユーザーの個人のメールアドレスが、訪問者に送信する際の送信元メールアドレスとして使用されます。
  • 組織:すべててのユーザーにおいて組織のメールアドレスが使用されます。これを選択すると、送信元名とメールアドレスの設定欄が開き、組織名と組織のメールアドレスを入力できます。
  • 両方:ユーザーは自分のメールアドレスか組織のメールアドレスを選択できます。これを選択すると、送信元名とメールアドレスの設定欄が開き、組織名と組織のメールアドレスを入力できます。

その他のメールに関する設定は以下のとおりです:

  1. メールのコピー - 訪問者への返信の際に自動で挿入したいメールアドレスを設定します。
  2. 日次の統計 - チャットの対応に関する日次の統計情報を送信するかどうかと送信先を設定します。
  3. IPブロックの通知 - ユーザーがチャットからIPアドレスをブロックした際にメール通知を送信します。
  4. 訪問者のフィードバックを確認/確認しない - 訪問者からのチャットに関するフィードバックを指定したメールアドレスへ送信します。
  5. チャットの履歴を確認/確認しない - チャット終了後、チャットの履歴を指定したメールアドレスに送信します。
  6. 未対応の訪問者の通知を確認/確認しない - 顧客のチャットでの問い合わせに返信がない場合、指定したメールアドレスに通知します。
  7. 署名チャット - 訪問者に送信するすべてのメールにメールの署名を追加し、1クリックで訪問者がチャットできるようになります(署名の内容は選択できます)。(地底、爆発、漆黒、日食、エクスタシー、月、荒野)いずれかを選択しないとメールの署名は追加されません。

メモ:コンマを入力して次のメールアドレスを入力すると、複数のメールアドレスを対象の項目に追加できます。

ポータルの担当者の変更

管理者権限のあるユーザーは、ポータルの担当者をいつでも変更できます。管理者権限があるユーザーがいない場合、既存のユーザーの役職を管理者に変更してください。管理者権限のあるユーザーを新しく追加することもできます。

ポータルの担当者を変更するには:

  1. 「設定」をクリックしてください。
  2. 「組織」の欄で「担当者の変更」をクリックしてください。
  3. ポータルの管理者権限のあるユーザーが表示されます。
  4. 対象のユーザーを選択してください。

メモ:既存の「ポータルの担当者」のみが他のユーザーに担当者権限を設定できます。