署名チャット

セールスIQから送ったメールから、お客様がチャットを開始できます。メールの受信者とすぐにやりとりできます。Zoho セールスIQの署名チャット機能をぜひご活用ください。

署名チャットの有効化

署名チャットの組み込み用コードを取得するには、まず組み込みの設定を有効化する必要があります。

  • 「設定」をクリックしてください。
  • Web組み込みの欄で、組み込み名をクリックして、組み込みの詳細ページに移動してください。
  • 署名の欄にカーソルを合わせ、「編集」をクリックしてください。
  • チェックボックスにチェックを入れ、「保存」してください
  • これにより、組み込んだ署名チャットが有効になります。

署名チャットのコードの取得

  • 「設定」をクリックしてください。
  • Webへの組み込みの欄で、ページに設定する組み込み名をクリックしてください。
  • 下の欄まで移動すると、メールの署名に貼り付けるためのコードが表示されます。

署名チャットのコード

署名チャットごとに、それぞれ異なるコードが発行されます。署名チャットのコードをコピーして署名の場所に貼り付けるだけで、送信したメールに署名チャットのボタンやリンクを挿入できます。

3つの異なるリンクが表示されます。署名チャットのコード、画像のURL、リンクのURLです

  1. 署名チャットのコード - これはメールクライアントが、Zoho セールスIQから取得した署名チャットのHTMLのコードに対応している場合に使用します。もしメールクライアントがHTMLに対応していない場合は下記を使用してください。
  2. 画像のURL – Zoho セールスIQからメールの署名用の画像を取得します。
  3. リンクのURL – このリンクのURLを署名の画像に追加すると、メールの受信者が署名チャットのページをクリックして開けるようになります。

署名チャットの初期設定のテーマ

Zoho セールスIQの署名をお好みに応じて選択し、印象をカスタマイズできます。Zoho セールスIQには、7種類のメールの署名向け画像があります。お好きな画像を選択し、コードを取得してください。

署名のテーマ上へ

地底

爆発

漆黒

日食

エクスタシー

荒野

オリジナルの署名のテーマの追加

自分でデザインした画像をメールの署名に挿入するには、署名チャットの画像のURLとパラメーターを追加する必要があります。

https://salesiq.zoho.com/zillium/signature.ls?emname=Zillium%20Support&t=2&onlineimg=<'onlinehtml'>&offlineimg=<'offlinehtml'>

パラメーター

onlineimg :担当者がオンラインのときに表示される画像のソースです。
 
offlineimg :担当者がオフラインのときに表示される画像のソースです。
https://salesiq.zoho.com/zillium/signature.ls?emname=Zillium%20Support&t=2& onlineimg=http://www.zoho.comhttps://www.zoho.com/salesiq/img/Zilliumonline.png& offlineimg=http://www.zoho.comhttps://www.zoho.com/salesiq/img/ZilliumOffline.png

メールの受信者に対するチャットのページ

メールから1クリックですぐにチャットを開始できるようになりました。メールの署名をクリックすると、署名チャットのWebページが開きます。組織名、住所、電話番号、メールアドレス、組織情報、メール受信者とのチャット画面が1ページで表示できます。

署名チャットのページの組織情報を変更

組織名、住所、電話番号、メールアドレス、組織情報は、Zoho セールスIQの管理者画面の組織設定から変更できます。

  • 「設定」をクリックしてください。
  • 組織の欄で「編集」をクリックしてください。
  • 表示されたページで、組織情報(組織名、Webサイトなど)と連絡先情報(住所、メールアドレス、電話番号、FAX番号)を編集できます。
  • このページで組織についての説明も追加できます。
  • 「保存」をクリックしてください。

署名チャットの組織のロゴの変更

署名チャットを実際に使用する前に、署名チャットのページに自社のロゴが正確に反映されているか確認してください。Zoho セールスIQでは、初期設定のロゴをかんたんに変更できます。ロゴは署名チャットのページのヘッダーとチャット画面の上部に表示されます。

  • 「設定」をクリックしてください。
  • 組織情報で現在のロゴの画像にマウスのカーソルを合わせ、「ロゴの変更」をクリックしてください。
  • ファイルの選択画面が表示されます。ローカルに保存されているロゴを検索し、「開く」をクリックしてください。
  • 選択したファイルがアップロードされ、自動的に挿入されます。
  • 「保存」をクリックしてください。

注意:ロゴ画像の解像度は、150× 30ピクセル (幅×高さ) に設定してください。ファイル形式は .jpg / .png / .gif のいずれかにしてください。

署名チャットの組織のロゴの表示設定

自社のロゴをチャット画面に表示させたくない場合、Web組み込みのカスタマイズ設定でロゴを非表示にできます。

  • 「設定」をクリックしてください。
  • Webへの組み込みセクションで、署名チャットの画面をカスタマイズしたい組み込み名をクリックしてください。
  • 画面下部のチャットの外観のセクションまで移動し、「外観の変更」をクリックしてください。
  • ヘッダーの組織のロゴの設定の欄に移動してください。
  • 変更してください。
    「保存」をクリックしてください。

署名チャットのページでの訪問者の情報の設定

訪問者情報(名前、メールアドレス、電話番号など)の入力項目を署名チャットのページのチャットの画面で設定できます。入力必須項目として設定することもできます。

  • 「設定」をクリックしてください。
  • Webへの組み込みセクションで、署名チャットの画面をカスタマイズしたい組み込み名をクリックしてください。
  • 画面下部の「チャット画面の外観」セクションまで移動し、「外観の変更」をクリックしてください。
  • 訪問者情報へ移動し、チャットの開始前に表示される入力項目(名前、メールアドレス、電話番号)を設定してください。必要に応じて入力必須項目に設定してください。
  • 「保存」をクリックしてください。

署名チャットのページでの部署の設定

署名チャットページで表示するチャット画面では、チャットする部門を選択できるように設定することもできます。これらのチャットは、特定の部門の担当者に割り当てられます。

  • 「設定」をクリックしてください。
  • Webへの組み込みセクションで、署名チャットの画面をカスタマイズしたい組み込み名をクリックしてください。
  • 「部門」の欄にカーソルを合わせ、「編集」をクリックしてください。
  • 部門を一覧から選択し、すべてのチャットを割り当てるか、部門の選択を許可するかを選択してください。
  • 「保存」をクリックしてください。

署名チャットのチャットの待機時間を変更

メールの受信者があなたの署名チャットをクリックしたときの待機時間をお好みで選択できます。30、45、60、90、120秒から選べます。設定した待機時間内にチャットの依頼に対応できなかった場合、これらのチャットは未対応として記録されます。未対応のチャットには操作画面からメールで返信できます。待機時間を設定しない場合に適用されるZoho セールスIQの初期設定は60秒です。

  • 「設定」をクリックしてください。
  • Webへの組み込みセクションで、署名チャットの画面をカスタマイズしたい組み込み名をクリックしてください。
  • 「待機時間」の欄にカーソルを合わせ、編集をクリックしてください。初期設定では60秒となっています。
  • 30、45、60、90、120秒の中から待機時間を選択できます。
  • 設定を変更したら「保存」をクリックしてください。

署名チャットのチャット用のメッセージの設定

チャットを開始したメール受信者にメッセージを表示する際に、同じ状況が何度も起きることがあります。状況に応じたメッセージを設定して、顧客サービスを向上できます。

  • 「設定」をクリックしてください。
  • Webへの組み込みの欄で、組み込み名をクリックして詳細ページに進んでください。
  • 「メッセージの設定欄」で「メッセージの設定」をクリックしてください。組み込みで表示するメッセージをカスタマイズできます。
  • 編集するメッセージの欄にカーソルを合わせ、「編集」をクリックして入力欄を開いてください。
  • メッセージは100文字以下で入力してください。
  • 訪問者に表示するメッセージのカスタマイズが終了したら、メッセージの入力欄の下部にある「保存」をクリックしてください。

署名チャットの無効化

組み込みの設定から設定した署名チャットを無効化できます。不要になった場合、しばらく使わない場合などに便利です。署名を無効化すると、メールを既に送信済みの場合でも署名が非表示になります。

  • 「設定」をクリックしてください。
  • Web組み込みの欄で、組み込み名をクリックして、組み込みの詳細ページに移動してください。
  • 署名の欄にカーソルを合わせ、「編集」をクリックしてください。
  • チェックボックスのチェックを外し、「保存」をクリックしてください。
  • これにより、組み込んだ署名チャットボタンが無効になります。

署名チャットの有効化

組み込みの設定から設定した署名チャットを有効にできます。有効にすると、メール受信者がチャットを開始できる署名が再度表示されます。

  • 「設定」をクリックしてください。
  • Web組み込みの欄で、組み込み名をクリックして、組み込みの詳細ページに移動してください。
  • 署名の欄にカーソルを合わせ、「編集」をクリックしてください。
  • チェックボックスにチェックを入れ、「保存」をクリックしてください
  • これにより、組み込んだ署名チャットが有効になります。

署名チャットの画面からのチャットの開始

メールの受信者は、すべての必要な項目を入力した後、チャットを直接開始できます。ただし、担当者が通知を受け取り返信するには、Zoho セールスIQにサインインする必要があります。

Zoho セールスIQから送信するメールに署名チャットを追加

Zoho セールスIQから送信したメールの署名にチャット機能を追加できます。ポータルの設定で必要な署名を選択して有効化し、メールの署名を訪問者に送信するすべてのメールに追加するだけで、1クリックで訪問者がチャットできるようになります。好きなメールの署名を選択できます。(地底、爆発、漆黒、日食、エクスタシー、月、荒野)いずれかを選択しないとメールの署名は追加されません。

  1. 「設定」をクリックしてください。
  2. ポータルの設定の欄で、メールの設定の欄まで移動してください。「署名チャット」をクリックし、好きな署名のテーマを選択してください。

Zoho メールへの署名チャットの追加

Zoho メールから送信したメールの署名にチャット機能を追加できます。Zoho セールスIQからリンクをコピーして貼り付けるだけで設定できます。

  1. Zoho メールの右上の「設定」に移動してください。
  2. カスタマイズから「署名」タブを選択してください。
  3. 「署名の追加」をクリックしてください。
  4. 「画像アイコンの挿入」をクリックして、「WebのURLから」を選択してください。
  5. Zoho セールスIQの組み込み設定から画像のURLを貼り付けてください。
  6. 「挿入」をクリックしてください。

  1. 挿入した画像を「選択」してください。
  2. 「リンクの挿入」をクリックしてください。
  3. 「URL」を選択してください。
  4. Zoho セールスIQからリンクのURLをコピーして貼り付け、「OK」をクリックしてください。
  5. 適切なタイトルを入力し、追加をクリックしてください。
  6. Zoho メールにZoho セールスIQの署名チャットが設定されます。

Zoho デスクへの署名チャットの追加

Zoho デスクから送信した返信メールにZoho セールスIQの署名チャットを追加するのは簡単です。顧客とリアルタイムで繋がれます。顧客が署名チャットをクリックするだけで、サポート問い合わせに移動できます。

  1. Zoho デスクの管理者画面に移動してください。
  2. 右上の「設定」をクリックしてください。
  3. 「タブのカスタマイズ」から「自分の情報」へ移動してください。
  4. 「署名タブ」をクリックしてください。
  5. 「画像アイコンの挿入」をクリックして、「WebのURLから」を選択してください。
  6. Zoho セールスIQの組み込み設定から画像の「URL」を貼り付けてください。
  7. 「挿入」をクリックしてください。

  1. 「挿入した画像」を選択してください。
  2. 「リンクのアイコンの挿入」をクリックしてください。
  3. 「URL」を選択してください。
  4. Zoho セールスIQからリンクのURLをコピーして貼り付け、「OK」をクリックしてください。
  5. Zoho デスクがZoho セールスIQの署名チャットと連携し、サポートのメール受信者とリアルタイムでつながるようになります。

Zoho CRMへの署名チャットの追加

Zoho セールスIQの署名チャットをZoho CRMから顧客に送信するメールに追加できます。送信メールからすぐに顧客とつながれます。顧客とリアルタイムでつながり、関係を強化しましょう。

  1. Zoho CRMの管理者画面に移動してください。
  2. 右上の「設定」をクリックしてください。
  3. 「個人設定」から「アカウント情報タブ」に移動してください。
  4. 「署名」の追加をクリックしてください。
  5. 「画像アイコンの挿入」をクリックして、「WebのURLから」を選択してください。
  6. Zoho セールスIQの組み込み設定から画像の「URL」を貼り付けてください。
  7. 「挿入」をクリックしてください。

  1. 「挿入した画像」を選択してください。
  2. リンクのアイコンの「挿入」をクリックしてください。
  3. 「URL」を選択してください
  4. Zoho セールスIQから「リンクURL」をコピー&ペーストし、「OK」>「保存」をクリックしてください。顧客とチャットする準備が完了します。

Gmailアカウントでの署名チャットの設定

Zoho セールスIQの署名チャットは、Gmailでも使用できます。メールを送信して、返事をチャットでもらえます。

  1. Gmailアカウントにサインイン後、右側の「設定アイコン」をクリックしてください。
  2. 一覧から「設定」をクリックしてください。
  3. 「一般タブ」で、「署名」まで移動してください。
  4. 「画像アイコンの挿入」をクリックしてください。
    5.「WebアドレスのURL」オプションを選択してください。
  5. Zoho セールスIQの組み込み設定から画像のURLを貼り付けてください。
  6. 「OK」をクリックしてください。

  • 「挿入した画像」を選択してください。
  • 「リンクのアイコンの挿入」をクリックしてください。
  • 「Webアドレス」を選択してください。
  • Zoho セールスIQの組み込み設定から画像の「リンクのURL」を貼り付けてください。
  • 「OK」をクリックしてください。

Outlookでの署名チャットの設定

署名チャット機能は、Outlookのメールでも利用できます。

  • 右上にある「設定アイコン」をクリックしてください。
  • 一覧で「その他のメール設定」を選択してください。
  • 「メールセクションを記入する」で、「形式、フォント、署名」を選択してください。
  • 「個人署名」に移動して、一覧から「HTMLで編集」を選択してください。
  • 署名チャットのコードを貼り付けてください。
  • 「保存」をクリックしてください。Outlookで署名チャットを利用できるようになります。メールを顧客に送信してください。