見込み客の評価

Webサイトへの訪問情報に応じて評価(得点/スコア)が算出されます。見込み客のスコアに応じて訪問者の優先順位を付けられます。訪問者の履歴での見込み客のスコアが高いほど、商談が成約する確度はあがります。スコアは、Webサイト訪問者の行動やZoho CRMでの属性情報に応じて設定可能です。訪問者のスコアは、セールスIQに設定したルールにもとづき計算されます。

セールスIQで見込み客の評価のルールを設定するには?

設定 > 見込み客の評価と進み、ルールと得点を設定してください。新しいルールの追加も既存のルールの編集もできます。

新しいルールを作成するには、追加のボタンをクリックしてください。ルールの設定画面が開きます。

条件を選択し、テキスト欄に値を入力してください。

条件に応じて、得点を増やしたり減らしたりできます。追加か削除を選ぶと、条件を満たす際に増減させたい得点を設定できます(例:15点)。

適用のボタンをクリックすると、ルールを追加できます。

既存のルールを編集するには?

初期設定のルールが、見込み客の評価の欄に表示されます。

ルールを編集するには、ルールの上部をクリックしてください。

ルールの設定画面が開きます。ルールを編集後、適用ボタンをクリックし、保存してください。

見込み客の評価ルールを無効化/削除するには?

ルールを無効にするには 、ルールの下に表示される目のアイコンをクリックしてください。

ルールを削除するには、ルールの下に表示されるごみ箱のアイコンをクリックしてください。

見込み客の評価ルールの設定例

滞在時間が15分以上の訪問者に25点を追加するとします。条件として「滞在時間」「が次の値より大きい」と選択し、値に15分と入力してください。最後に、「プラス」を選択し、得点の欄に25を入力してください。

訪問者の滞在時間が15分以上の場合、訪問者の見込み客のスコアに25点が加算されます。

見込み客のスコアを再計算するには?

見込み客のスコアは、訪問者が活動していない時期には減少するよう、再計算が行われます。

見込み客のスコアの再計算の間隔は、見込み客の評価の設定から指定できます。 「いつ見込み客の得点を再計算しますか?」の欄から、再計算のタイミングを選択してください。初期設定では、1週間ごとです。

設定した間隔ごとに、得点は25%ずつ自動で減少します。

  • 毎日 - 訪問者が次の日に訪問しないとスコアが下がります。
  • 毎週 - 7日経つごとにスコアが下がります。
  • 隔週 - 14日経つごとにスコアが下がります。
  • 30日ごと - 30日経つごとにスコアが下がります。
  • 90日ごと - 90日経つごとにスコアが下がります。
  • 180日ごと - 180日経つごとにスコアが下がります。
  • 毎年 - 1年経つごとにスコアが下がります。

例:

訪問回数が10回以上の場合に訪問者に25点付与するよう設定し、あわせて、「いつ見込み客の得点を再計算しますか?」の設定で「毎週」を選択するとします。訪問者の見込み客のスコアが100だった場合、1週間サイトへの再訪問がなければ、スコア は100から25%減ります。その結果、見込み客のスコアは75になります。

Zoho CRMでの訪問者のスコア

サイト訪問者のスコアは、Zoho CRMでも見ることができます。訪問者が獲得した見込み客のスコアは、セールスIQからZoho CRMに送信され、CRMの「訪問 - Zoho セールスIQ」 の欄の訪問スコアの項目に表示されます。訪問スコアの項目は、見込み客/連絡先タブの訪問の概要の欄に表示されます。この機能は、Zoho セールスIQがZoho CRMと連携している場合のみに有効です。

メモ:

訪問スコアがZoho CRMに送信されるのは、訪問者(名前とメール)がセールスIQで識別されている場合だけです。

確度

セールスIQでは、自動で訪問者の情報に応じて商談の受注確度が設定されます。確度は、訪問者の見込み客としての評価に応じて計算されます。確度は、見込み客のスコアが最大値であれば 99.9%、最低値であれば0.01%になります。.