メニュー

Zoho CRM - サービス規約

Zoho CRM - サービス規約

カスタマーリレーションシップマネージメントサービスであるZoho CRMは、Zohoサービス全体のサービス規約に加え、以下の諸条件(以下「サービス規約」)に従って、Zoho Corporation(以下「Zoho」)によりお客様またはお客様の所属する組織(以下「お客様」)に提供されます。Zoho CRMを使用することによって、お客様はZoho CRMのサービス規約およびZohoサービス全体のサービス規約に同意したと見なされます。ご利用条件に同意しない場合は、使用を中止し、いかなる方法でもZoho CRMを利用しないでください。

Zoho CRMへのアクセス

Zoho CRMは、Zohoのオンラインコラボレーション、ビジネス、および生産性アプリケーションスイートの一部です。お客様は、すべてのZohoサービスに対する共通アカウント(以下「Zohoアカウント」)を使用して、Zoho CRMにアクセスできます。

その他のZohoサービスへのアクセス

多くのZohoサービスがZoho CRMと連携します。お客様のZohoアカウントで、Zoho CRMと連携しないサービスを含め、すべてのZohoサービスにアクセスできます。一部のZohoサービスの利用では、そのZohoサービスに固有なサービス規約(以下「サービスに固有な規約」)に対する同意が要求されることがあります。お客様は、対応するZohoサービスを使用する前に、サービスに固有な規約を読み、理解し、同意する必要があります。

Zoho CRMと連携するサードパーティアプリケーションへのアクセス

多くのサードパーティアプリケーション(以下「サードパーティアプリケーション」)が、Zoho CRMと連携します。また、Zohoは、Zoho CRMと連携するサードパーティアプリケーションを増やす予定です。お客様は、APIを使用して、Zoho CRMとその他のサードパーティアプリケーションを連携させることもできます。ただし、当該サードパーティアプリケーションで、かかる連携が許可されていることを条件とします。サードパーティアプリケーションにアクセスし、使用するためには、当該サードパーティアプリケーションに適用されるサービス規約およびプライバシーポリシー(以下「サードパーティ規約」)に対する同意が要求されることがあります。お客様は、サードパーティアプリケーションにアクセスし、または使用する前に、サードパーティ規約を読み、理解することに責任を負います。

管理者と主要な連絡先

お客様は、お客様によって作成されるZoho CRMアカウントのデフォルトの管理者となります。誰かから受け取った招待に基づいてZoho CRMアカウントに登録した場合は、かかる招待者がデフォルトの管理者になります。Zoho CRMアカウントの管理者は、当該Zoho CRMアカウントの管理者として任意の数のユーザーを指名し、または任意のユーザーの管理者権限を取り消すことができます。Zoho CRMアカウントには、常に主要な連絡先(1名のみ)が必要です。当該連絡先は、管理者でもある必要があります。デフォルトでは、最初の管理者が主要な連絡先になります。管理者は、主要な連絡先として他の管理者を指名できます。Zoho CRMアカウントに関するすべての連絡は、主要な連絡先に送信されます。

Zoho CRMのメールオプション

Zoho CRMのメールオプション(以下「メールオプション」)を使用すると、お客様はそのZoho CRMアカウントで電子メールを取得し、表示し、作成し、送信することができます。あるユーザーのメールオプションの設定(以下「設定」)が [データレベル(record level)] または [すべて(complete)] に設定されている場合、取得した電子メールは、管理者によって設定された階層に従って、Zoho CRMアカウントの他のユーザーにも表示され、Zoho CRMアカウントの一部として残すことができます。[データレベル(record level)] または [すべて(complete)] として一度設定すると、その設定は管理者によってロックされ、管理者の許可を受けなければ、その設定を変更できなくなります。

Zoho CRMの利用制限

Zohoは、お客様によって選択されたサブスクリプションプランに基づいて、利用制限を規定できます。お客様は、中断なしでサービスを利用するために、お客様の利用が、Zohoによって規定された利用制限を超えないようにしなければなりません。お客様があるアクティビティに対応する利用制限に達した場合、Zohoが当該アクティビティを制限できることを了解します。

APIのサービス規約

Zohoによって提供されるAPIを利用してZoho CRMとサードパーティアプリケーションを連携させるには、技術的なスキルが必要です。お客様は、連携のエラーまたは不具合によって、データの喪失および破損が生じるおそれがあることを了解します。お客様は、連携のために必ず技術的なスキルを備えた要員のサービスを利用しなければなりません。お客様は、Zohoが連携のエラーまたは不具合に起因するデータの喪失および破損に対して責任を負わないことに合意します。

お客様は、APIのドキュメントで公開されていない機能へのアクセスを試みてはなりません。お客様は、Zohoが公開されていないAPIの機能へのアクセスまたは利用の結果に対して責任を負わないことを了解し、合意します。

APIの非推奨バージョン

Zohoは、自らの裁量により、APIの公開停止または新しいバージョンへのAPIのアップグレードの結果として、APIの現行バージョンの提供を終了できます。いずれの場合にも、APIの現行バージョンは非推奨と見なされ、APIの非推奨バージョン(以下「非推奨バージョン」)となります。ZohoがAPIの現行バージョンを非推奨にすることを決定した場合、お客様は、サービス告知を通じて当該非推奨について通知を受けます。非推奨の告知から6か月間(以下「非推奨期間」)、Zohoは、非推奨バージョンをサポートするために商業上合理的な努力をします。お客様は、Zohoが非推奨バージョンで新しいバージョンの機能を提供する義務を負わないことを了解します。

Zohoは、自らの裁量により、次のいずれかの場合に非推奨期間中に非推奨バージョンのサポートを終了できます。i)Zohoが、法律によってこれを要求される場合。ii)お客様が、当該サービスのサービス規約またはZohoサービス全体のサービス規約のいずれかに違反した場合。iii)Zohoが、APIのサポートによって、Zohoにセキュリティリスクが生じる可能性が高いと判断した場合。

APIの利用制限

Zohoは、呼び出し回数、呼び出しあたりのデータ件数、帯域幅の利用および呼び出しの頻度に対する制限を含め、利用制限を規定できます。お客様は、中断なしでサービスを利用するために、Zohoによって規定される利用制限に従う必要があります。お客様は、あるアクティビティに対応する利用制限に達した場合にZohoが当該アクティビティを制限できることを了解します。また、お客様は、API呼び出し前または呼び出し中に利用制限に達した場合、API呼び出しが失敗するか、または一部しか実行されない可能性があることを了解します。

サービス規約の修正

Zohoは、Zoho CRMのサービス規約を修正する権利を留保します。サービス規約の修正は、当該修正の公表後にお客様がZoho CRMを使用した時点で有効になります。

公開日:2011年4月7日