サービス規約

更新日: 2015年3月19日
実効日: 2015年4月19日

オンラインビジネス生産性向上・コラボレーションアプリケーションのZohoスイートを利用する前に、かならず、このサービス規約(以下、「本規約」といいます。)をお読みください。本規約は、ZohoCorporation(以下、「ゾーホーコーポレーション」といいます。)とZohoサービスの利用者(以下、「ユーザー」といいます。)、またはゾーホーコーポレーションとユーザーが所属する組織との間で締結されるものです。

本規約への同意

本規約を法的効力のある契約として締結するには、ユーザーが法定年齢に達している必要があります。本規約に同意できない場合、Zohoサービスを利用することはできません。サービス共通規約に同意し、サービス固有規約に同意できない場合、該当のサービス固有規約が適用されるZohoサービスを利用することはできません。ゾーホーコーポレーションは、次のいずれかの場合、ユーザーまたはユーザーが所属する組織が本規約を順守することに同意したものとします。

  • チェックボックスにチェックをする
  • サービス規約に同意するボタンをクリックする
  • Zohoサービスを利用する
サービスの内容

ゾーホーコーポレーションは、オンラインコラボレーションおよび管理のための一連のサービス(以下、「本サービス」といいます。)、たとえば、ワードプロセッサ、表計算、プレゼンテーション、データベースアプリケーション構築、メール、チャット、スクラップブック、顧客管理、プロジェクト管理などを提供しています。ユーザーは、個人利用、ビジネス利用、所属組織での内部利用の目的で、Zohoサービスを使うことができます。ユーザーは、Zohoサービスがサポートしているインターネットブラウザで本サービスを利用することができます。インターネット接続および本サービスの利用に必要な機器類は、ユーザーが自分の費用で用意します。ユーザーは、自分のユーザーアカウントでコンテンツを作成したり編集したりすることができます。また、必要な場合、そのコンテンツを公開したり共有したりすることもできます。

ベータ版サービスの利用

ゾーホーコーポレーションでは、試験や評価の目的で、公開または特定ユーザー向けのベータ版サービス(以下、「ベータ版サービス」といいます。)を提供することがあります。ゾーホーコーポレーションは、ゾーホーコーポレーション独自の権限および裁量によりベータ版サービスの試験や評価の期間を設定することに、ユーザーが同意しているものとします。また、ゾーホーコーポレーション独自の裁量により、試験が成功したかどうかを判断し、そのベータ版サービスを商用提供するかどうかを決定します。ベータ版サービスを利用した場合でも、ユーザーに商用サービスを利用しなければならないという義務はありません。いかなる場合でも、またユーザーに通知したかどうかに関係なく、ゾーホーコーポレーションは、一時的または永久に、ベータ版サービスを変更したりその提供を停止したりする権利を保有します。ベータ版サービスの変更、中断、もしくは停止から生起し、またはそれに起因しもしくは関連したどのような損害に対しても、その理由に関係なく、ユーザーや第三者に対する損害賠償の責任は、ゾーホーコーポレーションには一切ないということにユーザーが同意しているものとします。

本規約の変更

ゾーホーコーポレーションは、ユーザーに通知の上、いつでも本規約を変更することができるものとします。このような変更は、本サービス内で通知、もしくはユーザーのプライマリの電子メールアドレス宛に案内されます。ユーザーの権利に関わる重要な変更については、変更が実効となる少なくとも30日前にユーザーのプライマリの電子メールアドレス宛に、電子メールで通知されます。ユーザーは変更規約の実効後、30日以内に電子メールにてゾーホーコーポレーションに通知することにより、サービスの利用を停止することができます。このようにしてサービスの利用停止を行った場合、未利用期間分の利用料金はユーザーに返金されます。本規約の変更が有効となった後、本サービスを引き続き利用した場合、ゾーホーコーポレーションは、ユーザーが本規約の変更に同意したものとみなします。

サインアップ(ユーザー登録)の義務

Zohoサービスを利用する場合、ユーザーは、必要な情報を提供してサインアップ(ユーザー登録)をします。また、ユーザーが所属する組織でZohoサービスを利用する場合、組織の代表と全ての組織内ユーザーの連絡先の情報を提供してサインアップをすることを推奨します。特に、連絡先として組織のメールアドレスを利用することを推奨します。ユーザーは次の各号に同意しているものとします。

  1. サインアップの手順に従い、ユーザーは自分自身に関する真実で正確かつ最新で完全な情報を提供すること。
  2. 真実で正確かつ最新で完全な状態に保つため、ユーザーはサインアップの際に提供した情報を維持管理し、変更があった場合には速やかに更新すること。
  3. ユーザーの提供した情報が虚偽、不正確、不完全、もしくは最新のものでない場合、またはユーザーの情報が虚偽、不正確、不完全、もしくは最新のものではないと疑われる妥当な根拠がある場合、ゾーホーコーポレーションは、そのユーザーのユーザーアカウントを停止し、その時点またはそれ以後の本サービスの一部または全部の利用を拒否する権利を有しています。

    組織アカウントと管理者

    ユーザーが組織の1アカウントとして本サービスにサインアップ(ユーザー登録)した後、ユーザーは1人以上の管理者を指定することがあります。管理者は、ユーザーの組織アカウントにおいて、本サービスの設定やエンドユーザーの管理権限を保有します。ユーザーの代理として、第三者が組織アカウントを作成し、設定した場合、その第三者はユーザーの組織アカウントの管理者として想定されます。これら代理の第三者に対しては、組織アカウントの管理者として適切な権限と制限事項を明記した契約の締結を行って下さい。

    ユーザーは以下について同意するものとします。
    i)組織アカウトのパスワードの機密性を保持すること。
    ii)適切な管理責任者を組織アカウントの管理者として指定すること。
    iii)組織アカウトとして行った全ての操作、行動は本規約に同意のもと行われていること。

    ユーザーはゾーホーコーポレーションが本サービスのアカウント管理や組織内での運用において、一切の責任を持たないことを理解するものとします。ユーザーは、管理者アカウントを厳重に管理するために必要な措置を行う必要があります。管理者アカウントのコントロール権限を失った場合に、コントロール権限をリカバリーする手順をユーザーは事前に指定することができます。ユーザーは、ゾーホーコーポレーションが許容しうるリカバリー手順を指定し、電子メールにてlegal@zohocorp.com宛に通知するものとします。管理者アカウントのリカバリー手順を指定しない場合、ゾーホーコーポレーションはその組織を代表する個人として承認するに十分な証拠を提供できる個人に対して、管理者アカウントのコントロール権限を提供することがあります。ゾーホーコーポレーションの善意によるこの振る舞いの結果に対して、ユーザーはゾーホーコーポレーションを免責することに同意するものとします。

    個人情報保護とプライバシー

    本サービスの利用に際してゾーホーコーポレーションに提供された個人情報は、プライバシーポリシーに従い管理されます。本サービスを利用することにより、ゾーホーコーポレーションは、ユーザーがプライバシーポリシーに規定する条件に同意したものとします。ユーザーは、自分のユーザー名やパスワード、その他の重要な情報の機密性を維持し、自分のユーザーアカウントで行われた活動すべてに責任を負わなければなりません。また、ユーザーには、自分のユーザーアカウントが不正利用された場合、直ちにゾーホーコーポレーションの電子メールアドレス窓口(accounts@zohocorp.com )、もしくは http://www.zoho.com/contact.html に掲載されている電話番号宛に通知する義務があります。ゾーホーコーポレーションは、ユーザーアカウントの不正アクセスや不正利用その他の結果としてユーザーや第三者が被ったどのような損失または損害に対しても、一切の責任を負いません。

    ゾーホーコーポレーションからの情報提供

    本サービスには、ゾーホーコーポレーションからユーザーへの本サービスに関する情報提供が含まれています。ユーザーは、これらの情報提供が本サービスの一部であるということを理解する必要があります。ゾーホーコーポレーションからの本サービスに関する情報提供には、次の2種類があります。

    1. 本サービスの運用管理上の通知
    2. ニュースレターなどの情報提供
    3. 本サービスの運用管理上の通知に関しては、本サービスを利用する上で重要であるため、ユーザーは受信を停止することはできません。しかしながら、個人のプライバシーを尊重するというゾーホーコーポレーションの方針に従い、ユーザーにはゾーホーコーポレーションからのニュースレターなどの情報提供を停止する選択肢が用意されています。ゾーホーコーポレーションからのニュースレターの配信を停止したい場合、利用中のZohoアカウントの設定画面にてニュースレター購読の解除設定を行うか、受信したメールに記載されたURLより受信拒否の手続きを行います。

      苦情

      ユーザーが本サービスを利用して行った行為により、ゾーホーコーポレーションが第三者から苦情申立を受け取った場合、ゾーホーコーポレーションはその旨をユーザーのプライマリの電子メールアドレス宛に転送します。ユーザーは転送を受け取った日から10日以内に、苦情申立者に対して返信を行う必要があります。また、そのコミュニケーションの複写コピー(電子メールのCC通知)をゾーホーコーポレーションに連絡するものとします。ゾーホーコーポレーションからの電子メールの受信後、10日以内に苦情申立者に対して返信を行わない場合、ゾーホーコーポレーションは、苦情申立者が、ユーザーに対して法的処置を取れるよう、ユーザーの氏名、連絡先情報を苦情申立者に対して開示します。ユーザーは苦情申立から10日期限内に応答を行わない場合、ゾーホーコーポレーションが苦情申立者に対してユーザーの氏名と連絡先情報を開示することに同意したものとみなします。

      料金と支払い(クレジットカードによる支払い)

      本サービスでは、複数の利用期間に対応するプランがあり、それぞれに対応する料金制度が用意されています。利用期間が1年未満のプランの場合は、クレジットカード支払いにのみ対応しています。ユーザーが有料プランを無料プランにダウングレードしない限り、もしくは利用期間の更新の中止をゾーホーコーポレーションに通知しない限り、利用期間は、各利用期間の終了日に自動的に更新されます。自動更新時の利用料金はユーザーが最後に利用したクレジットカードに対して課金されます。クレジットカード情報の変更を希望する場合、ユーザーはその詳細情報を変更することができます。利用期間の更新を希望しない場合、ユーザーは利用期間終了日の少なくとも7日前までに、ゾーホーコーポレーションにその旨通知する必要があります。無料プランにダウングレードしない場合や利用期間の更新を希望しない旨を、ユーザーがゾーホーコーポレーションに通知しない場合、ゾーホーコーポレーションはユーザーが利用料金を課金されることに同意したものとみなし、ユーザーが最後に利用したクレジットカードに対して課金を行います。ゾーホーコーポレーションの返金ポリシーに関する詳細は、こちら を参照して下さい。ゾーホーコーポレーションは、いつでも、本サービスの料金の変更や無料プランの範囲の変更による課金を開始する権利を保有しています。ユーザーの現行の請求サイクルが終了するまで、料金の増額が適用されることはありません。本サービスの利用に際して、ユーザーの事前の同意がない限り、課金されることはありません。(ゾーホージャパン株式会社より、銀行口座振込にて本サービスを購入する場合は、本項の限りではありません。)

      禁止されている事項

      本規約に記載されている全ての条項に加えて、次の各号は禁止されています。

      1. 第三者に本サービスを委譲することまたは第三者に本サービスを提供すること
      2. 事前の書面許可なく本サービスを利用して別のサービスを提供すること
      3. サイトの規約や条件に同意することなく第三者サイトへのリンクを利用すること
      4. 事前の書面許可なく第三者サイトへのリンクまたはそのロゴ、社名その他を掲載すること
      5. 個人や組織団体の同意を得ることなく、その個人や組織団体に関連する個人情報もしくは機密情報を、公開すること
      6. いかなる方法であっても、本サービスのサーバー、ネットワーク、コンピュータシステム、リソース資源にたいして、損害や、無効化行為、過負荷を与える行為、毀損行為や破壊行為を招く可能性のある本サービスの利用
      7. あらゆる現地法、州法、国内法、国際法に違反する行為
      8. 個人を詐称する、もしくはコミュニケーションの発信元として誤認させる、虚偽のユーザー情報を作成する行為
      9. スパムや違法行為

        ユーザーは、本サービスを利用してユーザーが送信したコンテンツに対して一切の責任を負うことに同意しているものとします。また、ユーザーは、本サービスを違法な目的で利用したり、次の各号のようなものを含むコンテンツを送信したりしないことに同意しているものとします。

        1. 違法、迷惑、中傷、名誉棄損、他人のプライバシー侵害、人身攻撃、脅迫、有害、卑猥、性的、猥褻その他不快な内容を含むものまたは宗教的な対立を煽ったり人種差別を助長したりするようなもの
        2. ウィルス感染、悪意のあるコードまたはその恐れのあるもの
        3. 他人の知的財産権その他の権利を侵害するものまたはその恐れのあるもの

        また、ユーザーは、本サービスを「ジャンクメール」、「スパムメール」、「チェーンレター」の配信または「フィッシング」やユーザーの同意を得ていないメールの大量配信のために利用しないことに同意しているものとします。ゾーホーコーポレーションは、ユーザーが違法行為や不正行為のために本サービスを利用したと確信した場合、そのユーザーの本サービスへのアクセスまたは本サービスのアカウントの利用を停止する権利を保有します。

        利用されていないアカウントの停止

        ゾーホーコーポレーションは、120日以上の間利用されていない無料または未払いのユーザーアカウント(以下、「休眠アカウント」」といいます。)を停止する権利を保有します。ユーザーアカウントを停止する場合、そのアカウントでユーザーが作成、保存したデータすべてが削除されます。このような場合、ゾーホーコーポレーションは、ユーザーに対してアカウントの停止とデータのバックアップオプションに関して事前に通知をします。同一アカウントで利用している一部または全てのZohoサービスに関連するデータが削除されます。ユーザーアカウントの休眠期間の算出では、各サービスはそれぞれ独立した別個のサービスと見なされます。つまり、ユーザーが自分のユーザーアカウントである特定のサービスを継続的に利用していても、他のサービスも継続的に利用しているとは見なされません。複数のユーザーが共有するアカウントの場合、少なくとも1人のユーザーがサービスを継続して利用していれば、休眠アカウントと認識されることはありません。

        データの所有権

        ゾーホーコーポレーションは、ユーザーが作成または保存したコンテンツの所有権がユーザーにあるということを尊重します。すなわち、ユーザーが作成または保存したコンテンツの所有権は、そのユーザーに帰属します。ユーザーの特別の許可がない限り、ゾーホーコーポレーションは、本サービスを利用してユーザーが作成し、ユーザーのユーザーアカウントで保存したコンテンツを商用、販促その他の目的で利用、複製、翻案、変更、公開、または配布することはありません。しかしながら、ユーザーは、そのユーザーに本サービスを提供する目的の場合に限り、ゾーホーコーポレーションがそのユーザーのユーザーアカウントのコンテンツにアクセスし、そのコンテンツを複製し、配布し、保存し、送信し、再構成し、公開し、または公演することを許可しているものとします。

        ユーザーの作成したコンテンツ

        ユーザーは、本サービスその他を利用して作成したコンテンツを送信したり公開したりすることができます。しかしながら、ユーザーは、そのコンテンツとその送信や公開の結果に対して一切の責任を負う必要があります。ユーザーが公開したコンテンツは、インターネット上で誰でもアクセスすることが可能になり、検索エンジンによる検索の対象になる可能性があります。ユーザーは、個人的なコンテンツを誤って公開しないよう十分に注意する責任があります。ユーザーが本サービスの他のユーザーから受け取るコンテンツは、参考情報としてまた個人利用の目的に限り、そのままの形でユーザーに提供されます。ユーザーは、どのような目的であっても、そのコンテンツを利用、複製、複写、配布、転送、一括配信、表示、販売、使用許諾その他不正に利用しないことに同意しているものとします。ただし、そのコンテンツの所有権を有する者の明確な書面による承諾がある場合は、この限りではありません。本サービスの利用中に、著作権表示や複製防止機構のあるコンテンツがあった場合、ユーザーは著作権表示を削除したり、複製防止機構を無効にしたりしないことに同意しているものとします。著作権保護されたまたは著作権保護されるべきコンテンツを本サービスで利用可能にする場合、ユーザーは、権利を主張する可能性のあるユーザーひとりひとりから同意、承諾、または許可を得た上でコンテンツを利用可能にしているということを確約しているものとします。さらに、前述のような方法でコンテンツを利用可能にしたとき、ゾーホーコーポレーションがそのコンテンツについて違法性や第三者の権利の侵害に関する苦情を受け取った場合、ユーザーは、ユーザーが作成したそのようなコンテンツに対してゾーホーコーポレーションがアクセスを阻止したりそれを削除したりする権利を有することに明確に同意しているものとします。本サービスの利用または本サービスを利用したコンテンツの送信や公開により、ユーザーは、そのコンテンツに関わる違法性や第三者の権利の侵害の問題に関してゾーホーコーポレーションが指定した代理人の決定に明確に同意するものとします。

        本サービスを利用して送信または公開されたコンテンツに関わる違法性や第三者の権利侵害など、知的財産権についての申し立て手順は、こちら を参照してください。

        当社によるコンテンツの阻止や削除に対する苦情の申し立て手順は、こちら を参照してください。

        サンプルファイルやサンプルアプリケーション

        ゾーホーコーポレーションは、特定の目的に対して効果的に本サービスが利用できることを示すため、サンプルファイルやサンプルアプリケーションを提供する場合があります。そのようなサンプルファイルやサンプルアプリケーションに含まれる情報は、無作為に抽出されたデータで構成されています。ゾーホーコーポレーションは、これらの情報やサンプルファイル、サンプルアプリケーションに対し、明示黙示を問わず、その正確性や実用性、完全性、信頼性に関して一切保証しません。

        商標

        Zoho、Zohoロゴ、およびZoho各サービスの名称とそのロゴは、ゾーホーコーポレーションの商標です。どのような方法や手段でも、ゾーホーコーポレーションの事前の許可なく、その商標の表示および利用はできません。

        保証の否認

        ユーザーは、自らの責任において本サービスを利用するということを明確に理解しかつ同意する必要があります。本サービスは、その時点で利用可能な範囲でかつその時点で装備されている機能の範囲で提供されています。当社は、明示黙示を問わず、商品性および特定目的に対する適合性の黙示の保証その他に限らず、どのような保証もしません。また、当社は、本サービスが中断しないこと、時宜を得ていること、安全であること、およびエラーが発生しないことに関しても一切保証しません。本サービスを利用してダウンロードしまたは取得した資料やデータはすべて、ユーザー自身の裁量と責任において利用するものとし、本サービスの利用または資料やデータのダウンロードの結果としてユーザーのコンピュータシステム、携帯電話、無線機器、もしくはデータに与えた損害の一切は、ユーザーに責任があるものとします。書面口頭を問わず、当社または当社の従業員もしくは代表者からユーザーに提供された勧告および情報は、本規約に明確に規定されていない限り、一切保証されていないものとします。

        責任の制限

        ゾーホーコーポレーションは、損害が発生する可能性について勧告を受けていたとしても、いかなる場合も、必然的、偶発的、間接的、例外的、懲罰的その他のいかなる損失損害、または逸失利益、事業中断、コンピュータの障害、企業情報の損失その他本サービスの利用もしくは利用不能から生じもしくはそれに起因したユーザーの損失損害一切に対して責任を負わないということにユーザーが同意しているものとします。いかなる場合も、ユーザーに対する本サービスに関するゾーホーコーポレーションの全責任は、直接間接を問わず、本サービスに対してそのユーザーがゾーホーコーポレーションに支払った料金総額を超えることはないものとします。

        免責

        ユーザーは、本サービスの利用において、ゾーホーコーポレーションが認める場合を除き、ユーザーによる第三者の権利の侵害、法律違反、もしくは本規約への違反に対する賠償請求または本サービスの利用に関連するその他の賠償請求に起因もしくは関連する一切の損失、損害、科料、および弁護士費用も含む経費すべてからゾーホーコーポレーションとその役員、管理職、従業員、納入業者、および関連会社を免責することに同意しているものとします。

        仲裁

        本規約に起因するまたは関連する紛争や賠償請求はすべて、米国仲裁協会の商事仲裁規則に従った拘束力のある仲裁により解決されるものとします。紛争および賠償請求はすべて、それぞれ独立して仲裁されるものとし、第三者が関わるいかなる紛争や賠償請求と統合して仲裁されることはないものとします。仲裁人の下す裁定は、最終的であり、上訴できないものとします。仲裁は米国カリフォルニア州にて実施されるものとし、仲裁裁定はそれに関する管轄権を有する裁判所に登録することができるものとします。ただし、ゾーホーコーポレーションは、いつでも、管轄権を有する裁判所からの差止命令もしくは衡平法上のその他の救済手段を追求することができるものとします。

        停止と終了

        ゾーホーコーポレーションは、違法行為の疑いがある場合、長期間利用がない場合、司法当局または行政機関からの要請がある場合、ユーザーのユーザーアカウントを停止、または、本サービスの一部または全ての利用を一定期間停止する事があります。ユーザーアカウントの停止または利用不能状態に対する異議申立ては、アカウントの停止通知から30日以内に、legal@zohocorp.com(英語対応)まで連絡してください。ゾーホーコーポレーションはユーザーアカウントが停止または利用不能状態となってから30日後に、当該ユーザーアカウントを終了させます。ユーザーからの要求により、本人のユーザーアカウントを終了することもできます。

        さらに、本規約に対する違反や、違反の疑いがある場合、またはベータサービスにおいて不測の技術的問題や障害が発生した場合、ゾーホーコーポレーションはユーザーアカウントを停止し、利用を拒絶する権利を有するものとします。ゾーホーコーポレーションが本規約に基づくゾーホーコーポレーションの義務に対して、重大な違反をした場合、ユーザーは本サービスの未利用期間分の返金を受ける権利を保有します。アカウントの終了により、全ての本サービス利用は不能となり、電子メールアドレスやパスワードといった情報、ユーザーアカウントにおける全ての情報が削除されます。

        サービス規約に関するお問い合わせ

        本規約に関して質問や不明点がある場合、legal@zohocorp.com まで連絡してください。
        ゾーホージャパンZoho事業のウェブサイト(https://www.zoho.jp/)ご利用条件については こちら をご参照ください。