CRMヘルプ

カスタム関連リストの追加

Zoho CRMの各データは、他のデータと関連付けることができます。例えば、連絡先にはメモ、活動、商談、商品、添付などが関連付けられます。これらは関連リストと呼ばれ、初期設定で用意されていますが、独自の関連リスト(カスタム関連リスト)を追加することもできます。カスタム関連リストでは、該当のデータに関連する他のデータの内容を表示できます。

利用条件

必要な権限:管理者権限を持つユーザーがこの機能を設定できます。

関連リストの追加

外部からデータを取得して関連リストに表示する方法は2通りです:

  • Zoho クリエーターのカスタムアプリ - Zoho クリエーターのアプリから関連リストとしてデータを追加できます。
  • 他社のAPI - 他社のAPIで取得したデータを関連リストとして追加できます。ギャラリーから既存の関数を選択するか、自分で作成することができます。

メモ

  • カスタム関連リストは以下のタブに追加できます:見込み客、取引先、連絡先、商談、キャンペーン、商品、仕入先。
  • 最初に今すぐ追加ボタンをクリックしたときに、他のZohoサービスのアカウントをもっていなかった場合、ユーザー名の入力を求められます。
  • エンタープライズプランのユーザーは、最大5件のカスタム関連リストを作成できます。

カスタム関連リストとしてのカスタムアプリの使用

Zoho クリエーターのカスタムアプリを利用すると、CRMの機能を拡張できます。フォームやレポートをZoho CRMのカスタムタブとして利用できます。Zoho CRMの組織のアカウントでZoho クリエーター連携を有効化している場合、CRMのタブのカスタム関連リストを使って、カスタムアプリのデータを表示できます。

カスタムアプリを使用してカスタム関連リストを作成するには

  1. タブをクリックしてデータを選択してください。
  2. データの詳細のページで、関連リストの追加をクリックしてください。
  3. 関連リストの追加ページでカスタムアプリをクリックしてください。
    自分のアカウントに共有されているすべてのZoho クリエーターのカスタムアプリが表示されます。
  4. カスタムアプリの一覧から、使いたいアプリの今すぐ追加をクリックしてください。
  5. 関連リストの追加のページで、以下を実行してください:
    • 関連リストの名前を入力してください。
    • フォームを選択してください。
      選択したフォームをもとに、データの一覧を表示できます。
    • ビューを選択してください。
      選択した内容がタブの関連リストとして使用されます。
    • 関連リストに表示するデータの条件として設定する[Zoho CRMの項目の値]と[フォームの項目の値]を設定してください。
    • 関連リストで表示したい項目にチェックを入れてください。
  6. 保存をクリックしてください。
    カスタム関連リストが追加されます。

他社APIを使用したカスタム関連リスト

APIを活用すれば、他社のサービスから取得したデータをZoho CRMのタブの関連リストとして追加できます。ギャラリーから既存の他社のカスタム関数を使用するか、関連リストに追加したい他社サービスのカスタム関数を自分で作成することができます。

APIを呼び出して取得した内容をもとに設定する必要があります。Zoho CRMで表示するためには指定の形式にしたがってデータの表示内容を設定する必要があります。サンプルのコードは以下です。

<record>
      <row no="0">
            <FL val="名前1">値1</FL>
            <FL val="名前2">値2</FL>
            <FL val="名前3">値3</FL>
            <FL val="名前4">値4</FL>
            <FL val="名前5">値5</FL>
      </row>
      <row no="1">
            <FL val="名前1">値1</FL>
            <FL val="名前2">値2</FL>
            <FL val="名前3">値3</FL>
            <FL val="名前4">値4</FL>
            <FL val="名前5">値5</FL>
      </row>
</record>

上記のコードでは、データにハイパーリンクは設定されません。リンクを作成したい場合は、2つの属性(urllink)を<FL>タグに追加してください。サンプルのコードは以下です。この例では、取引先名をクリックするとWebページ(www.zillum.com)が新しいタブに開きます。


<FL val="Account Name" link="true" url="http://zillum.com">Zillium</FL>

ギャラリーで用意されている関数の一覧

Zoho CRMは以下の他サービスと連携しています:

    • Zoho Recruit
    • Contactology
    • Saasu
    • FreshBooks
    • Zoho People

ギャラリーからの関数の使用

Zoho CRMでは、すぐに使える関数をいくつか用意しています。ギャラリーを検索し、要望に合う関数を選択してください。選択した関数がカスタム関数の一覧に追加されます。この関数は関連リストとしていつでも利用できます。

ギャラリーから関数を選択するには

  1. タブをクリックしてデータを選択してください。
  2. データの詳細のページで、関連リストの追加をクリックしてください。
  3. 関連リストの追加の画面でカスタム関数 > ギャラリーから選択をクリックしてください。既存の関数が一覧表示され、選択できます。
  4. 使いたい関数のインストールのボタンをクリックしてください。関数がカスタム関数一覧に追加されます。
  5. 関連リストの追加ページで、以下を入力してください:
    • 関連リストの名前を入力してください。
    • 引数を入力してください。さらに入力する場合は引数の追加リンクをクリックしてください。
  6. 変更を保存してください。

カスタム関数の作成

ギャラリーの既存の関数に加えて、Delugeスクリプトを使って独自のカスタム関数を作成することもできます。参考情報:Delugeスクリプト 関数

Delugeスクリプト

Delugeは、Zohoで利用できる独自のプログラミング言語です。条件分岐や繰り返し処理など、細かな処理が可能なアプリケーションを作成できます。データベースの専門的な用語を使用しなくても、フォームと項目の名前を参照するだけでデータを処理できます。詳細情報

カスタム関数

関数とは、特定の処理の内容を記述したもので、プログラム内のどこからでも呼び出すことができます。Delugeスクリプトでは、複数の処理をひとまとめにして関数を作成し、自社の業務フローに合わせた処理を設定でき、業務を自動化できます。関数は、目的に応じて名前空間という機能を用いて分類できます。関数は、フォーム/項目に関するスクリプトや、データの一覧から呼び出せます。詳細情報

カスタム関数を作成するには

  1. タブをクリックしてデータを選択してください。
  2. データの詳細のページで、関連リストの追加をクリックしてください。
  3. 関連リストの追加画面で、カスタム関数 > カスタム関数の作成をクリックしてください。
  4. カスタム関数の作成をクリックしてください。
  5. 新しいカスタム関数のページで、以下を入力してください:
    • 関数の名前を入力してください。特殊文字とスペースは使用できません。
    • 必要に応じて詳細の追加のリンクをクリックしてください。
    • 引数を入力してください。さらに入力する場合は引数の追加のリンクをクリックしてください。
  6. 次へをクリックしてください。
  7. Delugeスクリプトの編集画面が表示されます。コードを作成できます。作成したら保存&追加をクリックしてください。関数がカスタム関数の一覧に追加されます。
  8. 関連リストの追加のページで、以下を実行してください:
    • 関連リストの名前を入力してください。
    • 引数を入力してください。さらに入力する場合は引数の追加のリンクをクリックしてください。
  9. 保存をクリックしてください。

カスタム関連リストの編集

カスタム関連リストを編集するには

  1. タブをクリックしてデータを選択してください。
  2. データの詳細のページで、編集したい関連リストにマウスのカーソルを合わせてください。
  3. 矢印をクリックして、編集をクリックしてください。
  4. カスタム関連リストの編集の画面では、次の操作ができます:
    • 関連リストの名前を修正してください。
    • [関数名]の編集をクリックして関数を編集してください。
    • 引数名に対応する引数の値を必要に応じて変更してください。
  5. 保存をクリックしてください。

カスタム関連リストの非表示

カスタム関連リストを非表示にしても、必要になったらいつでも選択していない関連リストの欄から元に戻せます。

カスタム関連リストを非表示にするには

  1. タブをクリックしてデータを選択してください。
  2. データの詳細のページで、非表示にしたい関連リストにマウスのカーソルを合わせてください。
  3. 矢印をクリックして、非表示をクリックしてください。
    選択されていない関連リストの欄に表示されます。

カスタム関連リストの削除

カスタム関連リストを削除するには

  • タブをクリックしてデータを選択してください。
  • データの詳細のページで、削除したい関連リストにマウスのカーソルを合わせてください。
  • 矢印をクリックして、削除をクリックしてください。

利用例

Saasuの請求書とZoho CRMの連絡先の関連付け

Saasuの請求書をZoho CRMの連絡先に送信し、すぐにZoho CRMで表示できます。連絡先をクリックすると、Saasu経由で連絡先に送信されたすべての請求書が、連絡先の他の詳細情報と一緒に一覧表示されます。

手順は以下です:

  1. 連絡先のタブをクリックしてデータを選択してください。
  2. データの詳細のページで、関連リストの追加をクリックしてください。
  3. 関連リストの追加画面でカスタム関数をクリックしてください。
  4. カスタム関数の作成をクリックしてください。
  5. 新しいカスタム関数ページで、以下を実行してください:
    • 関数の名前を入力してください。特殊文字とスペースは使用できません。
    • 必要に応じて詳細の追加のリンクをクリックしてください。
    • 引数を入力してください。さらに入力する場合は引数の追加のリンクをクリックしてください。
  6. 次へをクリックしてください。
    Delugeの編集画面が表示されます。
    こちらで、Saasuが提供しているAPIを呼び出し、取得した内容をZoho CRMの形式に変換する必要があります。
  7. コードを追加します。
    サンプルのコード
    string getMySaasuData(string email) { contactResp = getUrl("https://secure.saasu.com/webservices/rest/r1/ContactList?wsaccesskey= CA497&fileuid=37863&SearchFieldName=EmailAddress&searchfieldnamebeginswith=" + input.email); contactStr = contactResp.executeXPath("/contactListResponse/contactList/contactListItem"); responseXML=""; lastModifiedTime='01-Jan-1901 00:00:00'; contactId=""; rowCount=1; if((contactStr != null) && (contactStr != "")) { responseXML=""; contactList=contactStr.toList("-|-"); for each contact in contactList { time=(contact.executeXPath("/contactListItem/utcLastModified/text()")).replaceAll("T"," "); dt=time.toTime("yyyy-MM-dd hh:mm:ss"); if(dt > lastModifiedTime) { lastModifiedTime=dt; contactId = contact.executeXPath("/contactListItem/contactUid/text()"); } } resp = getUrl("https://secure.saasu.com/webservices/rest/r1/invoicelist?wsaccesskey=CA497&fileuid=37863 &transactiontype=s&contactUid=" + contactId); invoicesList=resp.executeXPath("/invoiceListResponse/invoiceList/invoiceListItem").toList("-|-"); info "invoicesList :::" + invoicesList; for each invoice in invoicesList { invoiceUID = invoice.executeXPath("/invoiceListItem/invoiceUid/text()"); invoiceNumber = invoice.executeXPath("/invoiceListItem/invoiceNumber/text()"); invoiceDate = invoice.executeXPath("/invoiceListItem/invoiceDate/text()"); dueDate = invoice.executeXPath("/invoiceListItem/dueDate/text()"); totalAmount = invoice.executeXPath("/invoiceListItem/totalAmountInclTax/text()"); responseXML=responseXML + ""; responseXML=responseXML + "" + invoiceUID + ""; responseXML=responseXML + "" + invoiceNumber + ""; responseXML=responseXML + "" + invoiceDate + ""; responseXML=responseXML + "" + dueDate + ""; responseXML=responseXML + "" + totalAmount + ""; responseXML=responseXML + ""; rowCount=(rowCount + 1); } responseXML=responseXML + " } else { responseXML=responseXML + ""; responseXML=responseXML + "No Invoices found for this Contact"; responseXML=responseXML + ""; } return responseXML; }
  8. 保存&追加のボタンをクリックしてください。関数がカスタム関数一覧に追加されます。
  9. 関連リストの追加のページで、以下を実行してください:
    • 関連リストの名前を入力してください。
    • 引数を入力してください。さらに入力する場合は引数の追加のリンクをクリックしてください。
  10. 保存をクリックしてください。

ギャラリーで公開

他社サービスと連携するカスタム関数を作成し、それを他のユーザーと共有したい場合は、公開できます。関数は、公開する前にZohoから承認される必要があります(開発チームによる英語対応)。承認後、関数はギャラリーに一覧表示され、すべてのユーザーがインストールできるようになります。

上へ